宙組「王家に捧ぐ歌」感想というか書き散らしw

6/19 宝塚大劇場の13時公演を見てきましたので、感想をざっくりと書きます。 朝夏まなとさんトップ就任、大劇場でのお披露目公演。 タカラヅカ・スカイステージで星組の初演を見ていたので、話は知っていたのですが、やはり良かったです!! カメラが入っていたのでDVD収録日かと思ったのですが、演者さんの熱のこもった演技はそのせいか? 少しネタバレしますので以下折り畳みます。
導入部で、星組から異動してきた真風涼帆さんのセリフから始まるのですが、真風さんステキだわ~と目が行きました(*^_^*) 宙組には珍しい?男くささを漂わせる男役さんなんですね。ちょっと柚希礼音さんを連想しました。星組は演目に興味があれば見る程度なので、あまりよくわからないですが、星組カラーというやつなんでしょうか? 冒頭のまあ様・みりおんの白い衣装はラストの衣装と同じですね。さまよい続けているウバルトの魂が回想しているという物語なんですね。それにしても4500年もとは・・・; そして生で見るエジプトの「すごつよ」ソングの破壊力w せーこさんが久しぶりの貫録のない役ですね。 衣装と髪型が主要キャラ以外ほぼ同じという(エジプト勢が特に;) 顏認識に不自由さがある私には、なかなかジェンヌさんを追うのがつらい演目ではありましたw ですがラダメスの友人役の愛ちゃんはかっこよかったですね。 特にラスト近くのラダメスが幽閉される場面の、裏切りに対しての怒りと、ラダメスを失う悲しみの交錯する表情の演技は印象的でした。(オペラグラスでガン見させていただきました) 基本的にラダメス・アイーダ・アムネリスの三人がメインの話なので、見る前はうら〇ちゃんのアムネリスはどうだろうかと不安がよぎっていたのですが(失礼)さすがの美しさ!! 一番の不安の歌部分も、高音部は少し頼りなげでしたが全体的には声量が上がっていました。 やはり高音が苦手なのかな・・・(コソッ) 頑張ってましたね!(←エラソー) いや、ああいう美しくて権高さを漂わせる役はまってますよ! 私、アムネリスが好きなんですよ~。出てきた時はただのワガママ娘かと思わせながら、ファラオの娘としてエジプトを守れる強い男と結婚しなければならないと自分の立場をわかっている。 父ファラオが暗殺された時もすぐに自分がファラオに即位すると宣言する強さ。 いくらラダメスが好きでもファラオとして自分の感情を抑え非情な命令をしなくてはならない。う~ん可哀想・・・。 最後の不戦の誓いも「馬鹿げた命令とこの命令の虚しさは・・・(セリフ勘違いして覚えてました)」と付け加えることでよりリアリティが増しますね(>_<) もう一回分のチケットは確保しているのですがまた増やしてしまいそうですw





顏写真でずんちゃんが見つけられなかったのが残念; ところで明らかにジェンヌさんが三人一階前方に観劇に来られてたのですが、誰だかわからずじまい・・・; 時期的に雪組の方ではないかと一緒に観劇したツイ友さんと言っていたのですが、果たして・・・?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる