スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪組「ケイレブ・ハント」感想

ブルーメの丘の銀英イベントレポが珍しく閲覧数が多かったせいか、二次創作に拍手いただいたり、ツイッターでも感想をいただけたりで、ありがとうございます<m(__)m>
ほんと過疎ブログなので反応いただけると感謝です!

さて日曜日に大劇場の雪組「私立探偵ケイレブ・ハント」を見てきました。
(以下少々ネタバレしています)


ファイル_002 (1) 


最近までエリザベート月間だったので、頭が切り替わらないまま見るのは正直きついものがありました💦

ほお~っと感心したのが植爺が裸足で逃げ出す、全編幕が下りず盆を回して場面転換していく方式の演出。
舞台左右に置かれた四角い枠組のドア付き装置?(と言ったらいいのか←語彙力💦)を各場面共通に使うというのも宝塚では珍しい演劇的な方法だなと。
余談ですが、昔小劇場の芝居ファンの友達に「宝塚をいつか見に行きたい」と言ったら信じられないという目で見られたことを思い出したりして; アート演劇好きの人にはバリバリエンタメ路線の宝塚は対極ですよね。ン十年後にまさかこんなに見に行くことになるとは思わなかったわ・・・(^-^;
話自体は、登場人物が怖い怖い言うわりには、具体的に悪役のやっている悪事が何かあまりわからなかったり。
そのせいで主人公や親友の恋人それぞれが「もうこんな危険な仕事はやめて!」と別れの一因になるのが今一つ納得できない。
証拠になるのが愛人が書き留めていた日記って・・・「黒革の手帖」かな?💦
その悪役の悪事を暴く場面ももうちょっとひねって欲しかった。録音されてる可能性に気づかないって脇が甘すぎるよ・・・。
しかし月城かなとさんの悪役というのが新鮮なのでしたw
ヒロインも事件が解決してラブラブなのかと思いきや、仕事をしにパリに行くと言ってケイレブから離れて旅立とうとするのですが、ずぶ濡れで彼が迎えに来たらあっさり翻意する。
その辺の心の動きをもう少し詳しくお願いしたい。
ずぶ濡れになってでも迎えに来たという点に誠意を見出したんでしょうか。
でもちぎ(早霧せいな)さんのかっこいい外国人の役が久しぶりに見れたのは嬉しい!
和物がずっと続いていたので・・・。
だいもん(望海風斗)のトップ様の親友役もかわいくて良かったです。悪役でないだいもんも新鮮w

そしてショーも雪組の数多いイケメン達を堪能させていただきました(^^♪
たぶん日本で一番早いサンタクロースネタですよね(?)東京公演に時期を合わせているのが、ムラ公演しかほぼ見れない者としては切ないものがある・・・;
「カフェブレイク」(宝塚の地上波の番組)も、東京公演に合わせてて、こちらではなおかつ二週遅れなんだもんな~((+_+))
「ゴーストバスターズ」でのハロウィンネタは東京ではどうなるんでしょうか? ちょっと知りたいですw
それにしてもだいもんの歌のうまいこと、かっこいいです~!! だいもんが出ているお芝居はこれからも見たいと思いました。だいもんに落ちた瞬間だったかもしれない(*^_^*)
かなとさんのソロで歌い踊る場面や、エトワールも感涙モノ。
かなとさんは月組に異動が決まっているんですよね。月組も見に行かないといけなくなってしまうとは・・・。
ヅカ沼恐るべしです。

ファイル_000 (3) 

ファイル_001 (3) 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。