スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東宝「エリザベート」感想 (ネタバレ激しいです)

あきらめていたんですが、某様のおかげで「エリザベート」東宝版を見ることができましたヽ(^o^)丿

城田優君のトート閣下のビジュアル・・・これはもう道原版ラインハルト様じゃないですか!!
と一部で勝手に盛り上がっていたのですがw 白い衣装も余計に金髪様っぽいよおおw

ファイル_000 (14) 
城田トート、ほんと美しかったですね~♥ 
実際に動いているところを見ると人外の役なので浮遊感があるのと、エリザをガシガシ口説いていく感じがラインハルトっぽくはなかったです(笑)
最後のキスも思いっきりチューしていたので、宝塚のキスに慣れている身には「ふおおっ」となりましたw
城田優君、かなり低音の歌声でさすが男性トート。
東宝版はエリザベートが主人公でトートは思ったより中心ではない感じで、出番だけでいうとルキーニのほうが多いんですね。ヅカよりさらに出ずっぱりな感じでびっくり。
エリザの中の人の舞台は初めて見たのですが正直みりおんエリザの後に見るのはきつかった・・・予想通りか💦 声がしゃがれた感じに聞こえるのは調子が悪かったのか、そういう声の出し方なのかしら・・・?
二幕目の老け演技の方が安定していた。
それにしても、ルキーニ役の成河君、評判通りの上手さ!! 見れて良かった!!

最後、黒服を舞台上で脱いで若返るエリザ、歌詞がそれぞれエリザは「わたしの~もの~」でトートは「おれのもの~」という歌詞だったので驚きました。これウィーン版に近いんですよね?
(エリザベート講座で最後だけ見せていただいたウィーン版)

宝塚版との違いがいろいろ初見の身には気になり、「死ねばいい」のセリフはないのかとか
「まだ私を愛しては~いない~」の場面も愛してもらいたいというよりも、城田トートは突き放している感じが強くて、エリザ可哀想。
死に救いを求めても冷たく突き放されてしまった。エリザをより絶望させたいのかな?
精神病院の場面もよりエリザの心理描写がされている感じ。何かとエリザの心情を歌う場面が多くなってますね。
古川「イケメン」ルドルフの場面も、ピストルで撃つ前にキス場面があるの~!
ルドルフの妄想のハンガリー皇帝の場面もエリザベートが出てこない分、マザコン度合も下がってましたね。
フランツ皇帝は踏んだり蹴ったりかわいそう。エリザに拒絶されたままなのは同じですが、ヅカ版と違って死んでも若返らせてもらえないw そのうえ親戚も次々と悲劇に見舞われるし。
ちょっとエリザは頑な過ぎないかとも思うのですが、浮気だけならまだしも性病までうつされたらそりゃ許せないか・・・。
宝塚版はトートとエリザベートの恋という感じでそれが最後に成就するのが救いだったんですが、こちらはあまり救いがない感じ💦
まあトートはエリザの愛を得て昇天したんだろうと思わせるけれど、こちらのトート閣下は黄泉の帝王のままで美しいコレクションを加えた・・・という風に見えました。
宝塚版ではわかりにくかったけど、なぜルキーニがエリザを殺したのかも描かれてましたね。エリザのファンかなと思うヅカ版ルキーニと違って、悪い所もきっちりと伝えるルキーニでした。
ラストは誰も良い結末を迎えない暗い話ではあるけど、美しい場面が数々あるしやはり大好きです。
自我が目覚めたエリザベートが歌う「私だけに」「私が踊る時」がとにかく好きで、勇気がもらえますw
当日券でまた見たいけど・・・ううっ~むずむずw


ファイル_005 


ファイル_000 (17)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。