軍務省ワンドロ「オーベルシュタイン家と犬の餌」

銀英伝の「軍務省深夜の作品一本勝負」に参加しました。文章での参加も可とのことで、挑戦したのですが、一時間で書くのは大変でした・・・(^_^;)あんのじょうタイムオーバーw お題は「パウル・フォン・オーベルシュタイン」です。題もうまく思い浮かばずそのまんまです(笑)ぴくしぶ投稿済み。 再チェックしたらおかしな文章あったのでこそっと一部を修正しました。とほほ・・・。 


「オーベルシュタイン家の犬の餌」


 私はパウル・フォン・オーベルシュタイン閣下のお屋敷で働いている、メイドだ。こちらに来てからはまだ半年もたっていない。最初にこの家に来たときは、他の貴族のお屋敷と比べて使用人の少なさに驚いたものだ。何しろメイドは私ともうひとりしかいない。 この家を取り仕切っているのは執事のラーベナルト様とその奥様だ。以前はご夫婦だけで私邸の家事をこなされていた時期もあったけれど、ご夫婦がお年を召してこられて、私たちを雇ったとのことだった。

オーベルシュタイン家で働いていると言うと 、まわりの人達に大丈夫かと聞かれたりもする。あの「ドライアイスの剣」と呼ばれるかたがご主人なのだから、さぞ気苦労が絶えないだろうと言われたりする。けれど、私は今の職場がけっこう気にいっている。直接お話ししたことはまだないのだが、それも執事がすべて内々のことを取り仕切っているから、自分が使用人に対応することはないということなのだろう。世間の評判ではおよそ感情を表に出さない、冷血な人だと言われているが、私はあの方は合理主義者なのだと思っている。

なにしろご当主は他人にほとんど本心を明かされず、それでいて内心を忖度されるのがことのほかお嫌いなのだと、執事夫人から聞かされたものだから、私としてはあれこれ想像をめぐらすよりほかはない。

パウル様はご多忙で不在がちとはいっても、さすがに同じお屋敷内に居るので何度か顏を合わせることはある。挨拶をすると答礼はしていただけるので、別に使用人風情と見下されているということもないようだ。旧王朝の貴族の家などだったら、使用人などひどい扱いをされる例もたくさん見聞きしたから、それに比べたらよほどましだろう。

最初は雰囲気にとまどったけれども、こちらのプライベートをあれこれ詮索されることもないから、おつとめは気が楽だった。きちんと仕事をこなしていれば良いというわけだ。

ある日のことだ。ラーベナルト夫人が声をあげた。二人で食料品の買い物をすませてお屋敷に戻ったのだが、鳥肉を買うのを忘れていたのだという。 「鳥肉って、どうなさるんでしょうか?」

「閣下のペットの餌よ」  ご当主はダルメシアン種の犬を飼われているのだが、その餌だという。人間の食べ物みたいな餌をあげているのか。不審に思ったのが顔に出たようで、奥様が笑みを浮かべて言われた。

「それしか食べないのよ」

犬はかなりの老犬であるのは見て知っていたから、私は納得した。

「・・・それは困りますね。では、今日の用事が終わったら私がまた買いに行きます」

一日の決められた仕事を終えてから、餌を買いに私が門を出ようとすると後ろから声がかけられた。

ご当主のパウル様だ。いつもの軍服ではなく、私服姿だった。

「今から肉屋に行くと執事に聞いたのだが、わざわざ行かなくとも良い。わたしが行く」

意外な言葉に私は立ったまま硬直してしまった。

「あ、あの・・・、よろしいのですか・・・?」

「今日の仕事は終わっているのであろう。わたしの犬なのだから、わたしが行こう」

じろりと冷たい眼ざしでーあの義眼で一瞥されて、私の舌は凍りついてしまった。お言葉を返すことなど思いもつかない。

そのまま身軽なようすで門を出ていかれてしまった。

館にもどってことの次第を執事に話すと、ラーベナルト様は苦笑して言った。

「パウル様はご自身で犬の餌を買いに行かれるのがお好きなのだよ」

 それ以上の説明はなく、手をふって執事は自分の部屋に戻るように言った。

どういうことなのだろう。使用人に買いに行かせればすむことなのに。あまりに不思議だったので、私はもうひとりのメイド仲間に疑問を話してしまった。

「きっと街のようすを、餌を買いに行くついでにごらんになっているのよ。実際に街のようすをごらんになるのも、ああいうお立場の方には必要だからよ」

二人で話していてそんな結論に落ち着いたのだが、あたっているのだろうか? そんなお考えがあるというのはありそうだし、そんなこともない気がする。正しい答えはわからない。ご当主が語られることはないし、ラーベナルト様も答えてはくれないだろうから。 

  (ende)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる