スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東宝版「1789」感想③

さて「1789」のねねちゃんオランプ回も見てきました。

ファイル_000 (9) 

やはり舞台に立っている年月は伊達ではないということか、歌が予想したよりもずっと良かった。
実のところ宝塚時代は娘役としてはセクシーな感じがするのがちょっと苦手だったのですが、外部の女優さんとして見ると問題ありません(←エラソーです)。
神田さん版が王家に仕える女性ということでキリッとした感じでしたが、ねねちゃんオランプはさらにコケティッシュな感じ。
今回は一番の良席だったので、舞台の迫力は一番感じた回でした。最初は二階席だったので通路降りが見づらかったので・・・。
友人がロベスピエールのイケメンぶりに感嘆していたのが印象的でしたww長い手足でダンスも映えますね。しかし私は革命三人衆の中ではダントンを推す(笑)子役(これがまたかわいい)と歌う場面が優しそうで好きですw
かなめさんの声も前回見たときよりずっと安定していました。前回はコンディション悪かったのかな? 公演中も進化されているのかと思います。あと男役でないかなめさんにこちらの目が慣れていないのが大きいかも💦

しかし、父を殺したペイロール伯を倒すためにパリに出てきたのに、そのペイロールにまたやられてしまうのがちょっと・・・;
「ロナンに代表される名もない民衆達の尊い犠牲のうえに人権宣言を勝ち取った!」のは感動的なのですが、その点がひっかかってしまうのでした。エンタメとしてはペイロール伯をなんとか懲らしめて欲しいものです。

トークショーで「男だったらやってみたい役」でかなめさんがペイロール伯(理由は今までいろいろやられる役が多かったからやる方がいいw)をあげていらっしゃいましたが、さぞお似合いでしょう~w

ファイル_000 (8) 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。