東宝版「1789」感想②

かなめさまマリー・アントワネットのヴァージョン、見てきました。
ロナンは小池徹平くん、オランプは神田沙也加さん版です。
やはり女性役のかなめさんに少々ショックを受けたため、今回鍵付き記事にしてしまいました・・・;公演中ですし。
なんといってもお歌が・・・💦大劇場での「王家に捧ぐ歌」のアムネリスを思い出してしまった💦
かなめ様を見てこんな気分になったのは悲しい💦
まあ宝塚時代から、歌で魅せるというより、演技派の方でした。しかしトップになってから歌も上手くなっておられたし比較的キーの低い曲なら問題ないのですが、女性役ならではの高音の曲には苦戦されているもよう。
それにしても宝塚の先輩で伝説の娘役と言われる方とダブルキャストというのはすごいプレッシャーであると思います。見る方も目を慣らさなければ・・・と思った次第。
それにしてもかなめさん、あのかつらでも驚異の頭の小ささは、すごいですw
豪華な衣装なので、余計にお人形が動いているみたい。
ロナン役の徹平君、舞台出演を初めて見たのですが、歌も演技も良かった~(^^)
 最初は粗野な農民らしさが前面に出ているけど、革命に目覚めてからは純粋さが感じられる好青年に変わっていくのが良い。
「1789」はちゃんとなぜ革命に至ったかという歴史的な流れも描いてくれるので好きです。
(某歌劇の超有名フランス革命ものでは・・・それがあまり伝わらず原作マンガの面白さを落とし過ぎだと思う💦)
ネッケルとルイ16世のやりとりを見ると、民衆の不満を軽視した王室側の判断ミスがあったんだなと思うので。それにしてもアルトワ伯は、兄をさんざんたきつけておいて、さっさと国外逃亡するんだなwやはり、目はしが効くのが弟属性を感じるw
媚薬や催眠術を繰り出して劇中ですっかりイロモノキャラですが、史実ではその後ちゃんと王位につくので、仕事はできる人なんですねww
さて、この次はねねちゃんオランプ版も見に行きます(^^♪

ファイル_000 (7) 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる