スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バウ雪組「銀二貫」感想

先週末にはバウで「銀二貫」を観劇。感想さくっと。 チケット難な公演で月城さんの人気ぶりを痛感.。 見ることができて本当に感謝です。 「銀二貫」はNHKのドラマでやっていたのを見ていたので期待大でした。原作の小説も読んでいるのですが観劇までに読了間に合わず・・・(^-^; 舞台のほうは真帆と松吉の恋の話が中心になっていました。時間の関係でしょうがないですが ドラマでは武士の子として教育された鶴之輔が、商人にならなければ生きていけない境遇になった葛藤がじっくり描かれていましたが、その辺りはかなとさんの歌で触れる感じ。 同じ金額の銀二貫のためにで心中に追い込まれるという曾根崎心中の話が出たところで、人形浄瑠璃の再現場面があり。 黒子さん役がワラワラと出てきた時は「??」と思いましたが、リアルな人形の動きの再現は素晴らしかったです。義太夫役のお二人の歌のせつなさも鳥肌モノ。ただヅカ初心者の私はこの場面、話とは直接関係ないな・・・と思ってしまいましたがemoji 最後にかなとさんの徳兵衛がお初を刺そうとするが、我に帰り刀を落とすのは武士である自分に決別したということかな? 食品偽装の場面は割愛され、真帆との出会いに続き、嘉平と真帆が松吉に試作の琥珀寒を食べさせ寒天のおいしさを教える場面になってました。 偽装のくだりは主人の和助が示す大坂商人の心意気というのがかっこよくて好きなのですがまあ仕方ない・・・。 あと仇討ちの建部玄武が小豆を持ってくる場面もなく、和助のセリフで松吉と真帆が練り羊羹を作ったというでサラリと触れられる感じです。 和助と番頭役の二人のやりとりがとても良く、特に英真なおきさん演じる番頭さん=善次郎がなにかと笑いを誘っていました。 このお二人、舞台を締める感じでとても良かった・・・。 丁稚たちのコミカルな場面も楽しくて、前にDCで見た同じ雪組の「心中・恋の大和路」をちょっと連想したり。 かなとさんのイケメンぶり、男前の白い役がとてもよく似合いますw 最後の真帆と松吉の結婚式の場面でのセリフ、「かかわった皆さんのおかげです」というのは、観客に向けて言っている感じでした。 和助役の華形ひかるさんの涙が床に落ちたのが見えたのでちょっと感動w(とても良席だったんです!ありがたや・・・<(_ _)>) カーテンコールでのかなとさんの挨拶は、「誰もが幸せになれるわけではないかもしれないですが(劇中のセリフを引用して)、この舞台を見た方は誰もが幸せになるように努めてまいります」(←うろ覚え)という感じでしたね。 公演後、時間つぶしてから(その日は14時からでないと琥珀寒セットのみは食べられなかった)劇場のレストランで琥珀寒セットを食べたんですが。 うっ・・・ちょっと私はあまり得意でない味だった(笑)ドラマの印象でもっと甘味があるかと思い込んでたんですが、おかずですよねw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。