「銀河英雄伝説~Forever Yang~」 感想

9/26 銀英伝ヤン提督追悼オーケストラコンサート at サントリーホール 行って参りました~! 
オーケストラと豪華声優さん多数(佐々木望・古川登志夫・キートン山田・井上和彦・森功至・若本規夫)、特にキルヒアイス役の広中雅志さんが出演ということで(生の広中さんを見るのは初めて)、こだまで遠征してきましたよw 
  まずホール前に到着したら物販のなが~い列に一ビビリ。(後で聞くところによるとサントリーホール始まって以来の行列だったらしいです) やはりせっかくの機会なので、プログラムだけでなく他の銀英伝カレンダーなどグッズも欲しかったのでええ、並びましたよ・・・; 
  そしてもうひとつのグッズとしてはガチャ。 クラッシックのホールにガチャが並ぶのはなかなかの奇観ですよねw 帝国バッジのガチャと同盟バッジのガチャと分かれていたのですが、開演前は同盟のほうが混んでいて、終演後は帝国のほうが並んでいたのもちょっと不思議でしたw

 
六本木だわ~おしゃれだわ~w

 

  物販が終わっていったん外へ出て、再度ホール開場後、フードコーナーでヤン提督の紅茶を・・・。(手前の紙コップです) 
ブランデー入りなので「薄目」を頼みましたがやはりブランデーの香りが感じられて、私にはほど良い濃さでした。
「フレデリカのサンドイッチ」も食べたかったけどツイ友様に会えて話に夢中になっている間に時間切れ。というかまた列に並ぶ気力もなかった; 
慌てて席に着くと、照明が明るいうちにオーケストラの方が続々入場、ユリアンのヤン提督への呼びかけで始まりました。
第一部は銀英伝で使われた曲をオーケストラが演奏し、声優さん達の朗読劇が挟まれるというもの。 
そしてかの捕虜交換式の名場面で広中さんまさかのギャグ! 
広中アイス「君は幾歳ですか?」 佐々木ユリアン「十五歳です」 広中さん「(佐々木さんを見て)えっマジっすか?!」会場爆笑→広中さん「(次)どこだったけ?」これはアドリブなんでしょうか・・・? シャイな雰囲気の広中さんからこのようなセリフがw 
また、疾風ウォルフの登場時に同盟軍の面々から「黄色いバラを持ってきたか?」等々の突っ込みが入ったり、楽しい場面がたくさん。
個人的には、双璧が出動しているところにキルヒアイスがナレーションでラインハルトからの帰投命令を伝え、森ミッターマイヤーが広中アイスも帰投後飲みに誘うという場面が萌えましたね。 本編では双璧とキルヒアイスがプライベートで仲良いイメージはないですがw、この三人が気軽に飲みに行っていれば楽しいなと・・・w 
双璧の場面(ポーカーをしながらナンバー2不要論の話をしている)では若本ロイエンタールが暴走気味で、ロイエンタールというより今の若本さんのままの朗読w 「お気の毒だぁぁ疾風ううウオルフぅぅ~~」とためまくりで大爆笑を誘っていました(^-^; 他にガイエスブルグ要塞がワープしてきたくだりとか、覚えているのはこれくらいです; 
後日主催の銀英伝バー海鷲様のブログに、この朗読の台本をアップ予定とツイッターで目にしたので、詳しくはそちらをどうぞw 私の席はB席でステージ後方だったんですが、帝国側の最前列で、オケの置いてある譜面が見えるような近さだったので大コーフン! 生のオーケストラはやはり良いものです・・・。
さて休憩を挟み、場内の注意事項アナウンスも出演声優さんの声だったり(私語禁止の注意がロイエンタールの「黙れ下種!」)したのですが、場内のザワつきと隣の方とおしゃべりしたりしていてあまり把握できず・・・; 
  第二部は声優さん達と田中先生の秘書安達氏が舞台に勢揃いし、中央の森さんが司会のトークショーです。 佐々木望さんの靴底がさきほどの第一部の間に剥がれてしまい、慌ててスタッフがコンビニに接着剤を買いに走ってくっつけたという話でまずひと笑い。
そしてこのイベントは作中で亡くなったヤン提督の追悼イベントであり、前日の25日がヤンの声をされていた富山敬さんの命日ということで、会場全体で富山さんへの黙祷を捧げました。 (後で知りましたがこの黙祷は台本になかったものということだそうです) 黙祷のあとは声優さんが順番に富山さんの思い出を語られました。 メモをとってなかったので以下うろ覚えですがご容赦を・・・。 
・佐々木さん ユリアン役だったので富山さんとは一緒の収録が多かったけれど、一番後輩だったので自分から話しかけるのなどとんでもなかったのだが、優しく接してくれる方だった等。 
・キートンさん 3・4ページあるような長いセリフでもきっちりとちらず言える人。すごい先輩だった。 しんみりした雰囲気の中、最後急に「なのに役ではキャゼルヌ先輩が『ヤン、お前は不能だから(キャゼルヌの声で)』と言ったりするんですよね~」とぶちかまされ場内大爆笑!!に立ちあがって応えるキートンさん。 (だからヤン夫妻には子供がいなかったのか・・・。いやいや;) 
・古川さん 古川といえば優しいがキャッチフレーズですが、それは富山さんを見習って優しくあろうとしているから。とても優しい人で後輩にプレッシャーをかけたりしない人だった。 
・井上さん とにかく優しい方。収録の終わりはよくそば屋で一緒に飲んだ。サインを富山さんのサインにあやかって三文字に見えるようにした。今のサインは富山さんに「良いね」と言ってもらったもの。
・若本さん 自分にとって数少ない先輩だった。NGを出さない人で、アニメは絵の唇の動きとセリフを合わせる尺というのがあるが、尺もきっちり合わせる人。「僕の隣の人と違って(森さんを見て)噛んだりしないんだよな~」(笑) 若本さんは今回も自由な感じで、ダラダラと話しそうになった時に森さんが「手短に!」と一喝したのが、お二人は仲良いんだな~と思いましたw 若本さんは双璧イベントの時のように酔っているのか?と思うような雰囲気で、若本さんに注意できるのは森さんしかいないのでしょうw
・広中さん 本編では生きている期間が短くて(笑)特に交流する機会がなかったが、後でOVAを見るとつくづく錚々たるメンバーとやれていたのだと実感した・・・というようなことを。
広中アイスは忘れがちですが本編は登場が短かったから、富山さんと顔を合わすことも少なかったでしょう。
次に新アニメの話が出ているがそれに出たいかどうかまた順番に。 皆さんもちろん出たいという中、若本さんは「新しい人に譲る」と( ;∀;) 
広中さんは今度はナレーションで屋良さんポジションを狙っていると。「それなら全話に出れる」(笑)広中さんの銀英伝ナレーションも聞いてみたいけど・・・キルヒアイスぅ;つД`) 
「今度も13年もかかると僕はどうかわからないから、出るなら今度は短い話数がいいw」等の声が(^-^;
そしてトーク時間は終わり(あっという間な感じ)次は自由惑星同盟国歌斉唱へ。銀英伝が好きすぎてグループ名を「トリグラフ」にしたというジャズシンガーの石川早苗さんが歌のリードをとられました。
それにしても事前にOVAを見て国家の練習をしてみたのですが、高いパートは声が出ない。 石川さんもそれに触れられて「高い声を出すのは気合で!」と言われてましたw 見本で歌われたあと、オーケストラと入りを合わせる練習をしてから(心配していたけど練習時間があって良かった)、OVAでのフレデリカの八月の新政府樹立宣言が流れ歌を見つつ国家を三番まで歌いました。 会場が一体となり胸が熱くなる瞬間・・・。 
生のオーケストラをバックに同盟国歌を思い切り歌えるなんて! ファンがやりたいと思うことを実現してくださってありがとう!! 
隣の方もいろいろと話をしてくださる人で楽しかったです。(中学生の頃から好きで舞台版は全部見ているとのこと) 帰る時も帽子とスーツで隙なく決めた男性が「おれはメルカッツ提督が好きなんだよ~」と熱く語っているのを見たり、銀英伝が好きな人がこんなにたくさんいるのだと実感して幸せな夜でした。


<セットリスト>
(プログラムより)
ワーグナー・歌劇「ローエングリン」第3幕前奏曲
チャイコフスキー・交響曲第6番「悲愴」第3楽章
ドヴォルザーク・交響曲第8番第4楽章(冒頭)
ベートーヴェン・交響曲第7番第4楽章 
ドヴォルザーク・交響曲第9番「新世界より」第4楽章
モーツァルト・交響曲第40番第3楽曲
帝国軍楽曲~ワルキューレは汝の勇気を愛せり~
 自由惑星同盟国歌~自由の旗、自由の民、レヴォリューション・オブ・ザ・ハート~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる