スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fan Ficiton 「特別な一日」(5)

まだもうちょっと続きます笑


   

 どうにか夕食を終えたあとは、これも遊びながらなのでいつもの倍の時間がかかった入浴をすませた。二人共用の居間で髪を乾かしてやり、寝間着を着せると、ラインハルトも眠くなってきたのか、おとなしく座っている。
(そろそろ寝かしつけないといけないんだな・・・。絵本を読んであげたりしたらいいのか)
 絵本はフラウが用意してくれたものがあるので、それを持ってキルヒアイスは言った。
「そろそろ寝る時間だから、寝るお部屋へ行こうか、ラインハルト」
「うん」
 素直にうなずいて、目をこすりながら自分の部屋に入りベッドに座ると幼いラインハルトは言った。
「ねる前にはいつもねえさまがいっしょに本をよんでくれるんだ。今日はねえさまは?」
「あ、お姉さんは・・・」
 なんと答えるのがいいのか、キルヒアイスは言葉につまった。
「ねえさまは? ねえ、ねえさまはどこ? どこにいるの?」
 ラインハルトはたたみかけて聞いてきた。姉の姿が一日中見えないので、急に不安になったらしい。まだまだ母親のような存在が必要な年齢なのだ。眼にはもううっすらと涙を浮かべている。
(まずい、アンネローゼさまのことを思い出してしまった)
「う、うん・・・。お姉さんは、今日は出かけてて・・・」
「ねえさま、いないの?」
 ラインハルトの顔がみるみる歪むと、大きな蒼い瞳から真珠のような大粒の涙がポロポロとこぼれ落ちた。
「ねえさまがいない! ねえさまがいないよう! うわああああん!!」
 母親代わりの姉を求めて火がついたように泣き叫ぶ幼いラインハルトの姿が胸に突き刺さり、キルヒアイスは思わずその小さな体を抱きしめた。胸の痛みはまるで物理的な痛みを与えられたかのように思えるほどだった。
(僕もアンネローゼさまに会いたいよ、ラインハルト・・・)
「ラインハルト、だいじょうぶ。大丈夫だから・・・」
 いったいどうやってなだめたらいいのだろう。いくら会わせてやりたくてもアンネローゼは皇宮の奥深くに居て、とうてい自分などには連れて行けるところではない。身内であるラインハルト自身でさえなかなか会えないのだから。
「僕がいるよ。僕がついているから、大丈夫・・・」
「ねえさまあ・・・ひくっ」
 ラインハルトはしゃくりあげながら泣き続けている。
(ごめんね・・・。まだ君をお姉さんのところに連れて行けない・・・)
 抱きしめることしかできない自分の無力さを思い知らされ、キルヒアイスも思わず涙をこぼした。
「きるひあいしゅ、泣いてるの・・・?」
 ふと、温かい小さな手が頬に触れる。ラインハルトはまだ眼にいっぱい涙を溜めたまま、乱暴にキルヒアイスの頬の涙をこすると言った。
「おとなのくせに、泣いちゃだめだよ」
 思わず笑ってしまった。
(僕もまだ大人じゃないんだけどな。でも小さい子から見れば大人に見えるか・・・)
 キルヒアイスも服の袖で涙でぐしゃぐしゃになったラインハルトの顔を拭いてやると、言った。
「お姉さんはね、今日はどうしてもラインハルトが寝る時間までには戻れないから、先に寝ていてって言ってたんだ」
「・・・そうなの?」
 ラインハルトはまだすすりあげていたが、少し落ち着いてきて、キルヒアイスをあどけない顔で見上げた。
「今日ちゃんと寝て、明日起きたら、お姉さんが来るから。ラインハルトが駄々をこねてたってお姉さんが知ったらがっかりするよ」
「うん・・・」
「ね、だから今日は先に寝ていよう?」
「じゃあ、きるひあいしゅもいっしょにねよう」
「うん。今日は僕が本を読んであげるからね」
 キルヒアイスはベッドに上がりラインハルトに掛け布をかけてやると、横にもぐりこんだ。そうするとラインハルトの家で眠った子供の頃を思い出す。昔はよく遊び疲れてふたり一緒に帰るとアンネローゼが迎えてくれて、それからこんなふうに眠ったものだ。
「よなかにこっそりいなくなったらだめだよ」
「うん、大丈夫だよ。ここにいるから」
「ぼくがねたからって、いなくなったらだめだからね」
「僕も横で寝てるから、安心して」
「うん。じゃあおやすみのキスして。ねえさまはいつもしてくれるんだ」
「うん、いいよ」
 金色の髪をかき上げると、子供らしく可愛らしいおでこにそっとくちびるで触れた。ラインハルトは枕に頭をあずけたまま、じっとキルヒアイスを蒼氷色の瞳で見つめると言った。
「きょうはあそんでくれてありがとう。きるひあいしゅはやさしいな」
 その言葉を聞いて、今日一日の苦労が報われた気がするキルヒアイスであった。
「またあそんでね。やくそくだよ」
「ああ、また遊ぼうね。おやすみなさい」


 昼間遊んだ疲れもあったのか、それからさほど長い時間もかからず、幼いラインハルトは眠りこんだ。すやすやと寝息をたてているのを確認すると、キルヒアイスは起こさないように気をつけながら、そっと寝台から滑り出た。
 まだ気になることがあったからだ。
(また戻るから、ごめんね)
 おやすみのキスをもう一度、その天使のような寝顔の頬にしてあげた。

(続)
スポンサーサイト

バウ雪組「銀二貫」感想

先週末にはバウで「銀二貫」を観劇。感想さくっと。 チケット難な公演で月城さんの人気ぶりを痛感.。 見ることができて本当に感謝です。 「銀二貫」はNHKのドラマでやっていたのを見ていたので期待大でした。原作の小説も読んでいるのですが観劇までに読了間に合わず・・・(^-^; 舞台のほうは真帆と松吉の恋の話が中心になっていました。時間の関係でしょうがないですが ドラマでは武士の子として教育された鶴之輔が、商人にならなければ生きていけない境遇になった葛藤がじっくり描かれていましたが、その辺りはかなとさんの歌で触れる感じ。 同じ金額の銀二貫のためにで心中に追い込まれるという曾根崎心中の話が出たところで、人形浄瑠璃の再現場面があり。 黒子さん役がワラワラと出てきた時は「??」と思いましたが、リアルな人形の動きの再現は素晴らしかったです。義太夫役のお二人の歌のせつなさも鳥肌モノ。ただヅカ初心者の私はこの場面、話とは直接関係ないな・・・と思ってしまいましたがemoji 最後にかなとさんの徳兵衛がお初を刺そうとするが、我に帰り刀を落とすのは武士である自分に決別したということかな? 食品偽装の場面は割愛され、真帆との出会いに続き、嘉平と真帆が松吉に試作の琥珀寒を食べさせ寒天のおいしさを教える場面になってました。 偽装のくだりは主人の和助が示す大坂商人の心意気というのがかっこよくて好きなのですがまあ仕方ない・・・。 あと仇討ちの建部玄武が小豆を持ってくる場面もなく、和助のセリフで松吉と真帆が練り羊羹を作ったというでサラリと触れられる感じです。 和助と番頭役の二人のやりとりがとても良く、特に英真なおきさん演じる番頭さん=善次郎がなにかと笑いを誘っていました。 このお二人、舞台を締める感じでとても良かった・・・。 丁稚たちのコミカルな場面も楽しくて、前にDCで見た同じ雪組の「心中・恋の大和路」をちょっと連想したり。 かなとさんのイケメンぶり、男前の白い役がとてもよく似合いますw 最後の真帆と松吉の結婚式の場面でのセリフ、「かかわった皆さんのおかげです」というのは、観客に向けて言っている感じでした。 和助役の華形ひかるさんの涙が床に落ちたのが見えたのでちょっと感動w(とても良席だったんです!ありがたや・・・<(_ _)>) カーテンコールでのかなとさんの挨拶は、「誰もが幸せになれるわけではないかもしれないですが(劇中のセリフを引用して)、この舞台を見た方は誰もが幸せになるように努めてまいります」(←うろ覚え)という感じでしたね。 公演後、時間つぶしてから(その日は14時からでないと琥珀寒セットのみは食べられなかった)劇場のレストランで琥珀寒セットを食べたんですが。 うっ・・・ちょっと私はあまり得意でない味だった(笑)ドラマの印象でもっと甘味があるかと思い込んでたんですが、おかずですよねw

Fan Ficiton 「特別な一日」(4)

まだ続きますw まだ長くなってしまいそうです・・・(^-^;


遊園地から下宿に戻ると、フラウ達は夕食の用意をしていてくれた。もう外はすっかり暗くなっている。帰りがいつもの時間より遅くなったので、フラウ達は先に夕食を済ませていたため、食堂には幼いラインハルトと二人きりになった。
キルヒアイスはなんとなくほっとしながら、自分で料理の皿をテーブルに並べた。メニューはジャガイモと豚肉を煮込んだスープと野菜のザラート、黒パンといったものだ。椅子のサイズが小さくなったラインハルトには少々低くなってしまうので、クッションを置いて座らせ、食事を始めた。
「このパン、かたいよ」
「スープに浸して食べたら柔らかくておいしくなるよ」
 少々お行儀は悪いが煮込みの皿にちぎったパンをつけて食べる事をキルヒアイスは教えてやった。料理上手なフラウ達の作ったスープはよく煮込まれていて温かく、口にすると幸せな気分になる。もっとも二人にとってはアンネローゼが作った料理が世界で一番おいしい物であることは変わらないが。
 機嫌よくスープとパンを順調に食べていたラインハルトだったが、付け合わせのザラートには手をつけようとしない。チシャが入っているので食べないのだろうとキルヒアイスにはすぐに察せられた。
「野菜も食べないとだめだよ」
(ラインハルトさまのチシャ嫌いにも困ったものだ・・・)
 いつも自分が食べてやるのもどうかと最近思っていたので、ザラートのお皿をラインハルトの前に押しやってみる。
「チシャはきらい」
 ラインハルトは言うなり、思い切りお皿を振り払ったので、さほど広くないテーブルの上を皿は滑っていき、そのまま下に落ちてしまった。皿に盛られていたチシャの葉やドレッシングが派手に床の上に散らばった。
「食べ物を落としちゃだめだろ」
 思わずむっとしてキルヒアイスは言った。昼間走りまわるラインハルトを追いかけていた疲れも影響しているのかもしれない。
「食べ物を粗末にしちゃいけないって、お姉さんに言われてるんじゃないのかい」
「しらないっ」
「人がせっかく作ってくれた物を、落とすのは悪い子だろ」
「わるくないもん。きらいなものをむりに食べさせるほうがわるい!」
 ラインハルトは小さな唇をとがらせると座っていた椅子からぴょんと飛び降りた。
「もういらない」
 ここはきちんとしつけるべきなのだろう。キルヒアイスは決心した。
「食べ物を粗末にする子はこうだぞ」
 ラインハルトを手を伸ばして捕まえると椅子の上に抱え上げて、うつぶせにさせると小さなお尻をパンパンと叩いた。もとより力は手加減しているが、「優しいキルヒアイスお兄さん」に叩かれたのはショックだったのかラインハルトはじっとしている。
(さすがはラインハルトさま。幼くても声もあげずに我慢なさっている)
 キルヒアイスが感心していると、
「キルヒアイス・・・、よくもやってくれたな・・・!!」
 地の底から響くような恐ろしい声が俯いた顔から洩れたので、キルヒアイスは驚いて思わず膝の上のラインハルトを落としそうになってしまった。
(まさか、このタイミングで元に戻った・・・!?)
「ラインハルトさまっ?!」
 思わず抱き起こして顔を覗き込んでみたが、幼い顔のまま、ラインハルトはきょとんとした目で見上げてくるばかりだ。
「なに? きるひあいしゅ」
「いや、なんでもない・・・。ラインハルトが大丈夫かなと思って」
「ふ~ん。べつにへいきだけど」
 ラインハルトは白いふっくらした頬を、さらにむっと膨らませた。
「でも、たたくなんてひどいぞ! きるひあいしゅのば~か! ば~か! ばーーーーか!!」
 ラインハルトはキルヒアイスの膝の上に座ったまま、落ちないように腕を掴むと足でめちゃくちゃに蹴りを入れてくる。
「ちょっ、ちょっとおとなしくして!」
 慌てて注意したが、時すでに遅かった。
「い、痛-------ああッ!!」
 キルヒアイスの大事なところに情け容赦ない一撃がヒットした。子供のすることといっても、まったく手加減のない力いっぱいの蹴りである。目の前に火花が飛び、たまらずに椅子から滑り落ちてうずくまった。
「うううう・・・ラインハルトぉぉ・・・っ」
「やった~っ!! アハハハハッ! わるいやつをやっつけたぞ~!」
 悶絶しているのがよほどおかしいのか、ラインハルトは大声で笑い周囲を跳ねまわる。
(こ、これがあるのを忘れていた・・・)
 キルヒアイスは冷や汗を流しながら、痛みが治まるのをひたすら待つのみであった。
 ようやく息がつけるようになり、呼吸を整えると精いっぱいの威厳を込めてキルヒアイスは言った。
「・・・ラインハルト、もういいから座ってさっさと残りを食べてしまいなさい」

 (続)

宝塚大劇場「舞音ーMANON-」感想

今月末から、午後の仕事をすることになりしばらく平日の観劇は行けなくなるので、その前にと当日券で宝塚大劇場の月組「舞音」を観てきました。 友の会の割引券有効利用ですw 少々ネタバレしていますのでご注意ください。

続きを読む

『腐向け』Fan Fiction 「痕でもつけて困らせて(略)」 ※Rー18

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Fan Fiction 「特別な一日」(3)

(2)の続きです;;


近くでフラウ・フーバーが呼ぶ声がする。二人がいつまでも降りて来ないので業を煮やして二階に上がってきたらしい。部屋の扉がノックされる音がして、朝食はどうするのか聞く声がした。どうしたものかと考えたが、このまま幼いラインハルトを部屋に閉じ込めているのは可哀想だし、幼い声や子供がたてる物音がフラウ達に聞こえてしまいそうだ。こっそり外に連れ出すにしても、彼女達の目にとまらずに連れ出せる可能性は低いだろう。
 キルヒアイスは中央突破を敢行することにして、大きなパジャマを着たままのラインハルトの手をひいて共用の居間に出た。
「おはようございます、フラウ」
「おはよう、赤毛さん。あらっ?! その子は? それに金髪さんはどうしたの?」
 前掛けをつけたフーバー夫人の目が大きく見開かれる。
「ラインハルトさまのいとこの子なんです。急に預かることになりまして・・・。ラインハルトさまは急用で出かけられたので、私が今日一日めんどうを見ることになったのですが」
 とっさに適当に言ったのだが、あまり細かいことにこだわらない夫人はあっさりとキルヒアイスの説明を受け入れた。
「あらそうなの。まあ、なんてかわいい子なんでしょう! 本当に金髪さんにそっくりだこと」
 夫人はすぐに幼児の愛らしさのほうに気をとられている様子である。ラインハルトは新たに現れた人間に警戒しているのか、キルヒアイスの手を握り締めて、後ろに隠れようとする。
「急だったので着替えもなくて、困ってるんです」
「男の子は小さい子のお世話には慣れてないわよね。そうね・・・、近所に子供がいる家があるから、服を借りてきてあげるわ」
 どうやら第一の難関は突破できたようだ。素直にフラウに言って良かったとキルヒアイスは胸をなでおろした。そしてフラウとご近所のネットワークに感謝した。


「ずっといえの中にいるのつまらないよ。そとにいきたい!」
 ようやく朝食を食べた後、二階に戻ってひとしきりキルヒアイスと遊んでいたのだが、飽きてきたのか、幼いラインハルトは言った。
「外? 公園がいいかな」
「こうえんもいいけど・・・。そうだっ、ゆうえんちに行ってみたい!」
「遊園地か・・・。今までに行ったことはあるの?」
 キルヒアイスの言葉遣いは自然に幼い子供に対するものになっている。
「ううん。父さまはいつもおさけばっかりのんでて、つれてってくれないんだ」
 そうなのだ。ラインハルトの父は、キルヒアイスの記憶にある中でもいつも酒臭い息を吐いて酔っ払っている姿しか覚えていない。そのせいで子供の頃は怖いおじさんだと思っていたものだ。そして優しい姉のアンネローゼの印象が強いせいであまり感じてはいなかったが、改めてラインハルトには母がいなかったことを思い出すキルヒアイスであった。
母親はラインハルトが物心がつく前に亡くなったと聞いているのだが、この年齢の頃にはもういなかったのかと思うのである。
 そういえば今まで三人でもそういった施設には行ったことがなかったと思う。これは良い機会なのかも知れない。
「じゃあ、行こうか。連れてってあげるよ」
「ほんと?! いこういこう!」
 邪気のない眼で嬉しそうに笑うラインハルトを見て自分もなんとなくワクワクしてくるキルヒアイスなのだった。


 オーディン郊外にある遊園地までしばらく地上車を運転して到着したのは、子供向けのアミューズメント施設が充実していると評判のところである。
門を入ると、きれいに刈り込まれた植栽があったり芝生の緑が広がっていたりと大きな公園といった様子だが、レンガの敷かれた通りを歩いていくと園の中央には大きな観覧車があり、その周辺にはカラフルに塗られた遊具が点在している。
 小さな子供向けの遊具のエリアに入ると、今日は休日ではないのでごった返すほど人は多くはないが、それなりの人出だ。乗り場には列ができているものもあった。子供を連れた女性たちが中心だが、なかには家族連れも混じっている。その中に昔ながらのコーヒーカップの遊具があった。
(ええと、こういう乗り物って身長制限があるんだったな。でもあれなら大丈夫だろう)
「あれに乗る? ラインハルト」
「うんっ」
 いかにも子供向けといった、かわいらしいデザインのカップになんとなく気恥ずかしい思いになりながら乗るキルヒアイスである。
カップが動きだすと、ラインハルトは大喜びでぐるぐるとコーヒーカップのハンドルを回すので、コーヒーカップはものすごい勢いで回転した。
「ちょ、ちょっと待って・・・、ラインハルト・・・っ」
 眼が回らないようにすることは、幼年学校でも宇宙酔いへの対応の訓練があったので慣れているのだが、地上でとなるとまた勝手が違った。キルヒアイスが慌てる様子がよほどおかしいらしく、ラインハルトは大笑いしながらますますハンドルを回す。
(これは幼年学校の対G訓練並みにきつい・・・)
 遠心力で席に押しつけられながらキルヒアイスは思った。
 ようやくカップが止まったものの、ラインハルトは降りるが早いか、また乗るほうの列へとキルヒアイスの手を引っ張る。
「また乗ろうよ、きるひあいしゅ」
「あまり続けて乗ると気持ち悪くなっちゃうよ」
「だいじょうぶだよ! ぜんぜんへいきだよ!」
 大変な一日になりそうだ。遊園地に連れてきたことを少し後悔しキルヒアイスは深い溜息をついた。


 三度続けてコーヒーカップに乗ったのだがいっこうにラインハルトは眼が回るようでもなく、元気いっぱいな様子である。
(さすがはラインハルトさま)
よほど優れた平衡感覚に恵まれているらしいとキルヒアイスは改めて感心した。
それからも二、三の遊具に乗ったのだがお腹がすいてきたので、公園のエリアに並んでいた屋台で何か買うことにした。
周囲を見まわすと芝生が広がっているエリアには、思いおもいに遅い昼食を広げている人々が座っている。
キルヒアイスもその一角に座ることにして、ランチ代わりに、リング状に切られたポテトの揚げ物とフランクフルトを買ってやった。
「熱いからやけどしないように、少し冷ましてから食べるんだよ」
「うん。ふーふーしたらいいよね」
 ラインハルトは素直にポテトに息をふきかけて冷ましている。
 若い青年が、小さな人形のようにかわいい子供のめんどうをみているのはよほど微笑ましい光景だったのか、近くに座っていたおじいさんが気安い様子で声をかけてきた。
「おや、赤毛ののっぽさんの子供かい? ずいぶん若いパパだねえ」
「ちっ違います!!」
 反射的に否定したが、不審がられるかもと思い、慌ててキルヒアイスはつけ足した。
「・・・兄弟です」
(こんな大きい子供がいるわけないだろっ)
 それとも自分はそんな風に見えてしまうのか・・・まだ十代なのに・・・と考えこむ赤毛の若者であった。

 軽いランチをすませたあともラインハルトと共に広い遊園地を回り、時間はあっというまに過ぎた。太陽は西に傾いてきている。それとともに急に風が冷たく感じられてきた。もともとオーディンは冷涼な気候なので、湿気が少ないせいもあり、初夏の頃でも夜になると肌寒く感じられる日もあるのだ。
「そろそろ暗くなるから、おうちに帰ろうか」
「もう帰るの? まだ遊ぼうよ」
 ラインハルトは不満げに頬を膨らませる。
「じゃあ・・・」
 キルヒアイスは遊園地の中央に立つひときわ目立つ大きな観覧車を指さした。
「最後にあれに乗ろう。きれいな景色が見れるよ。それから帰ろう、それでいい?」
「・・・うん」
 一日中走りまわって遊んだのでさすがに疲れたのか、ラインハルトも素直にうなづく。
 観覧車のゴンドラに乗りこむと、ラインハルトはキルヒアイスのひざの上に坐りこんだ。体温がじんわりと膝に伝わってくる。ずっと駆け回っていたために少し汗ばんでいる、子供らしいふくふくとした体だった。金色の髪がふわりと鼻先をかすめてくすぐった。。
(子供の体温って高いんだな・・・)
 そろそろ日が沈もうという頃合いだ。完全には暗くなってはいないが眼下の街にチラチラと灯が灯りはじめ、沈んでいく太陽が地平に広がるフロイデン山地と空を赤く染め上げている。
光と宵闇が入り混じった美しい光景と、膝の上には愛らしく、生命力の塊のような子供がいる。なんともいえない幸福感がキルヒアイスの胸の中にこみ上げてきた。
「ラインハルト、見てごらん、夕日がきれいだよ」
「ほんとだ! きるひあいしゅのかみの毛みたいに赤いね~!」
 ラインハルトは膝の上で体を振りむけるとキルヒアイスの髪の毛を思い切りつかんだ。
「いたたたたた・・・っ!!」
 ラインハルトの言う通り、夕陽と同じ色の自身の赤い髪を、無邪気に手加減なく引っ張られて、思わず悲鳴をあげるキルヒアイスだった。

(続)
プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。