スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fan Fiction 「特別な一日」(2)

続きです。


朝起きてみるとラインハルトはまだ起きていないようだった。たいていの朝はキルヒアイスが先に起きるのであまり気にはしなかったのだが、階下のフラウたちが朝食の準備ができたと呼びに来てもまだ、部屋から出てこないのでラインハルトの寝室に入ってみた。
「ラインハルトさま、そろそろ起きてください」
 飾り気のない簡素なベッドに朝の光がさんさんと降りそそいでいる。その光を浴びて掛け布のすきまから金色の髪がこぼれている。それはいつもの見慣れた光景なのだが、なにか違和感があった。ベッドの上のもりあがりがいつもより小さい。
「うーん、うるさいなあ」
 キルヒアイスの呼びかけに応えてベッドのうえに目をこすりながら起きあがったのは、小さな子供だった。
「ええっ・・・ラインハルトさまっ・・・?! ラインハルトさまはっ?!」
 キルヒアイスはわが目を疑った。驚きのあまり思わず部屋を見渡してみたが、この部屋には金髪の子供と彼の二人しかいない。
「ぼくはラインハルトだけど」
 子供らしい、澄んだ甲高い声だ。昔なつかしいラインハルトの少年の頃の声と良く似ている。
「ラインハルトさま・・・・・・・・?」
 確かにラインハルトなのだろう、昨日の晩おやすみを言ってこの部屋に入った者は、ラインハルト以外にいないし、彼のベッドに寝ているのだから。そして見慣れたラインハルトの寝間着を着ているし、輝かしい金色の髪もいつもと同じだ。何より顔が、記憶にある頃よりは幼いが少年の頃の彼の顔なのだった。
 いかなる宇宙の摂理の歪みか、はたまた大神オーディンの気まぐれか、ラインハルトの身体は小さくなっていた。身体の大きさからいって、年の頃は五~六歳のあたりになるのだろうか。
 金髪の子供はベッドの上に起き上がって、キルヒアイスをじっと見つめて言った。
「お兄さんはだれ? ここはどこ?」
 どうやら、現在のラインハルトの記憶はないようだ。
「私・・・、ぼくの名前は、ジークフリード・キルヒアイス」
 キルヒアイスは思わず反応し聞かれたことに答えた。宇宙空間や戦場で思わぬ事態が起こることには慣れているのである。いつまでもパニックになっていては生死に関わるのだから、目の前の事態に対処しなければならないのだ。
 既視感と懐かしさに怒涛のように襲われ、キルヒアイスは頭がくらくらした。ラインハルトはなんと答えるのだろう・・・。
 固唾をのんでキルヒアイスは次の言葉を待った。
「ジークフリードなんて、よくある名前だなっ」
 人生二度目の奇跡だ。この言葉をもう一度聞くことになろうとは。ただ、「俗な」という言葉は幼いラインハルトはまだ知らなかったようだ。
「家のちかくにふたりもジークフリードってなまえの子がいるんだ。だからきみのこと、みょうじで呼ぶことにするよ、きるひあいしゅ」
 後に続いた言葉は少し違っていたが、同じ結論に落ちついた。
(変わらない・・・、ラインハルトさま・・・)
 体は小さくなっても中味は変わらないのだとあらためて感心したキルヒアイスである。名前を呼ぶのにきるひあいしゅ、と舌がまわりきっていないのも可愛いのである。
(まだジークフリードのほうが言いやすいだろうに、無理に名字のほうで言わなくても)
と思うキルヒアイスであった。


 それにしても、見れば見るほどかわいい子供だ。金髪の巻き毛が、子供らしくふっくらとした顏をふちどっていて、睫毛は金色で植えこんだように長く、目を伏せると長い影を白い頬に落とした。大きな蒼氷色の瞳は、今のような鋭い光を放つことはなく、まだまだ無邪気なつぶらな瞳だ。まさしく天使のようなという形容が似合うかわいらしさだった。その真っ白なほっぺたは見るからにふくふくとしていて、さぞかし触るとすべすべして気持ちいいだろうと思われる。つい指で押してみたくなった。

 ぷにぷに~ 

 ぷにぷに~

(ああっ可愛い・・・それにこの感触・・・なんて柔らかくて気持ちいいんだろう)
しばらくバラ色のほっぺたを指で突っついて、押し返してくる弾力を楽しんだ。
「きるひあいしゅ、もうやめてよ~。きもちわるいな」
「・・・ご、ごめん、ラインハルト」

(続)
スポンサーサイト

Fan Fiction 「特別な一日」(1)

突然ですが銀英伝の二次創作です。 よく某SNSなどで見かける年齢操作ネタ(青年とショタ)を自分でもやってみたいと思ったらこうなりましたemoji ショタラインハルトと青年キルヒアイスですが、需要のないギャグ物です。そして腐(やおい)でもありませんw(自分ではそのつもり) 何かとキャラ崩壊気味ですので、心の広い方よろしくお願いします; 


 
 ある日のリンベルク・シュトラーゼにある下宿での夕食を終えた後、キルヒアイスは今日も女主人であるフーバー夫人とクーリヒ夫人の世間話を振り切れなかった。

「赤毛さん、ちょっといい?貰って欲しいものがあるのよ」
「最近はやっているのよ。『願いごとがかなう石』なんですって」
「あなたたちが無事に帰ってこられるように、お守りになると思って買ってきたのよ」
 とりとめのないよもやま話にそんな事を言われて、食後のコーヒーカップを置いたテーブルの上に置かれたのはきれいな箱に入れられた小さな水晶だった。なんでも近頃有名になった白魔術をするという占い師ー自称魔女ーが祈りを込めた石なのだそうだ。この石をお守りに持っていれば出征しても無事に帰ってこられると、もっぱらの評判なのだと。占いの類は女性たちー貴族の女性のあいだには特にーに人気があるのだった。そういったお守りの話はキルヒアイスも小耳に挟んだことはある。こういうお守りにも流行りすたりがあるもので、今は「魔女の水晶」がはやっているというわけだった。
「赤毛さん、金髪さんの分も買ってきたわ」
「こういう物は可愛いらしいお嬢さんから貰いたいでしょうけど、私たちで我慢してね」
 笑いを混じえてフーバー夫人は言った。かっぷくの良い彼女は、いかにもおせっかい好きなおばさんという見た目の印象のままの人となりである。
「そういえば、あなたたち恋人はできないの? 赤毛さんはまだ?」
「え、ええ・・・。もう、そろそろ部屋で休みますね。今日もごちそうさまでした」
 話があらぬほうへ向かいかけたので、強引にキルヒアイスは話を変えて椅子から立ち上がった。
(できるも何も、一年のほとんどを戦場で過ごす生活なのに・・・。それに、そもそも僕は恋人なんて作るつもりもないんだ)
 そちらの方向へ思いが及びそうになると胸がちくりと痛むのを感じ、キルヒアイスはあわてて思考を目の前のフラウ達に引き戻した。もっとも、今までろくに女性の来客は、彼らのささやかな下宿にはなかったし、家族の訪問さえも少ない自分たちを、フラウ達たちなりに気遣ってくれているのだとも察する彼である。
 ラインハルトはとうていこの類のものを喜ぶとは思えないが、フラウ達の気持ちはありがたくいただくことにした。
 礼をいってもそこからさらにひとしきり話が続いて、切りあげるタイミングを見計らうのも一苦労である。それでもようやく夫人たち二人のおしゃべりから解放されて二階に上がると、さっそく先に居間に戻っていたラインハルトにくだんの石を見せてみる。
 フラウに言われた通りの説明を言うと、
「何の変哲もない水晶が、そんな話を付けたら高く売れるのだな。まるでフェザーンの商人のやり口じゃないか」
と、予想通りの反応である。
「私もそう思いますし、お守りなど信じませんが、フラウが私たちを気遣ってくれた物ですし。断るのもどうかと思いましたので・・・」
「買うほうに罪はないんだろうが、そんな善良な人々の純粋な気持ちにつけこむ商売をするほうが問題だな。おれはそういうのは嫌いだ」
 くつろいだ部屋着で足を組み、ラインハルトはわずらわしげに少し伸びた金色の前髪を指でもて遊んだ。あまり興味のない話題の時にする癖だと、キルヒアイスはすでに知っている動作である。
「おれはそんなのは信じないが、まあ、くれた物をすぐ捨てるわけにもいかないな。キルヒアイスが持っていてくれ」
 あっさりと言うと、テーブルに置いていた本を取って、開いたページに目を落とす。これでこの話は終わりということなのだろう。もっとも、これが愛する姉がくれた物だったとしたら、たとえ道端の石であろうと大事にするだろうから現金なものである。それはキルヒアイスも同様なのだが。 


 その後先に寝室へとひきとったラインハルトの背中を見送って、キルヒアイスは先刻の夫人たちとの会話を反芻する。いつのまにか話が「金髪さん」のことになり、二人の過去の話をいろいろと聞かれていたのだった。
「金髪さんの子供の頃はさぞかし可愛い子だったんでしょうね! 今度立体写真を見せてくれない?」
 よくよく考えてみるとキルヒアイスとラインハルトは十歳の時に出会ったのだから、もちろんそれ以降のラインハルトのことは途切れることなく知っている。だがそれより以前のラインハルトはどうだったのだろう。姉のアンネローゼが撮った写真を何度か見せてもらったことはある。それこそ天使のように愛らしい容姿だった。写真でそうなのだから実物はさらにもっと愛らしいこどもだったのに違いない。
 そう思うと姉弟なのだから当然なのだが、自分よりも昔からお互いを知っているアンネローゼとラインハルトが羨ましいなと思うのであった。
「幼いラインハルトさまに、一度でいいから会ってみたいものだな・・・」
 キルヒアイスは思わずつぶやいた。
 そのとき石が妖しく鈍く光ったのにキルヒアイスは気がついていなかった。

(続)

バウ公演「相続人の肖像」感想

週末に宙組バウ公演「相続人の肖像」を見に行ってきました~。 フフフ二週連続観劇ですわ~emoji
桜木みなと君(ずんちゃん)の主演の公演見るのは初めてなのでワクワクしつつw 
ワタクシ今宙組の中で気になっているジェンヌさんはずんちゃんなのです!! 
(以下ネタバレ) 
  さて話のほうは少し「ダウントン・アビー」を連想するような、英国貴族の息子の嫁取りの話でした。 まあだいたいこうなるんだろうな・・・と予測した通りに話は進みましたが、普通に面白かったですw(星5つが満点としたら3くらいな感じ←個人の感想ですemoji 
マイ予想ではもっとコメディなのかと思ってたんですが、割とシリアス目なのが意外でした。 最初の「父親の遺言」を途中になると登場人物全員忘れてる感じがあったり(^-^;最初反発しあっているものの、恋に落ちる過程があれだけってちょっと無理がある感はあり・・・emoji まああの話はハッピーエンドにならないと宝塚らしくないですがw 
 ずんちゃんの演技、歌は良い~(^^♪ 最後のダンスでセンターに立つのも堂々と見えますw 相手役のまどかちゃんも年数を考えるとかなり演技もよいし歌もなかなかのもの。 高音が伸びやかに出ているのは良いです!(王家の娘2をチラ見しながら;) 執事役の松風さんがなかなかいい味を出しているのと、使用人メンバーズのイケメンぶりはかっこ良かったw メイド服のロングスカートもかわいくて個人的にツボでしたw 蒼羽りく君が今回の収穫で、お気楽なお坊ちゃま役でしたが、包容力のあるもうけ役というか、ハロルドのほうが結婚相手としては大切にしてくれそうなと思ったりして・・・(^^; 
主人公は父親に反発しながらも、途中までは父親と同じ道を行くわけですしね~。 
そしてりく君の最後の燕尾服ダンスでの色気には驚愕しましたよ!! いつのまにこんな色気が!  これは次回の宙組公演が楽しみです~。

   

 

あいまに大劇場「新源氏物語」の公演スイーツを食すw

「新源氏物語」感想

週末に宝塚大劇場に花組の「新源氏物語」を見に行ってきました~。 花組を見るのってもしかして初めてかも・・・。最近記憶力の減退が自覚されるので、昔ひょっこり演目にひかれて見に行ってるかもと思いましたが、「エリザベート」は大チケ難で取れなかったし、恐らく初めてw 例によってざっくり感想文ですが、バリバリ公演中なので一応折りたたみます。

続きを読む

宝塚星組「ガイズ&ドールズ」感想

話が前後しますが、同盟イベントの前に宝塚大劇場・星組「ガイズ&ドールズ」を見に行ってました。例によってざっくり感想。

 

なんだか「TOP HAT」を思い出すミュージカルで楽しかったですw それにしても北翔さんは歌がうまい・・・。そして決めポーズもカッコ良い。 ギャングの帽子がよくお似合いです。 でも舞台写真を買うまでにはならず・・・;「ナポレオン」の時のタレーランは大好きなのですが。 トップ娘役の妃海ちゃんも可愛いし、北翔さんとの並びも似合っている感じです。歌のほうも歌ウマの北翔さんと並んでも大丈夫でした。 最後に羽根を背負って降りてこられたところは、朝夏さんの時も思いましたが、やはりトップになるのはすごいことだなと、ニワカヅカファンの私も良かったなと思いましたね。 そして宙組から異動のかいちゃん、異動後初めて見たけど歌がうまくなってないか?! TOP HATの時の役に似ているドジっ子なキャラ(あそこまでではないけど)もはまっていて良かったですemoji 異動先でもけっこう目立つ役で(四番手?)頑張ってて良かったな~とおせっかいおばさんのような眼で見てしまいましたw 電話BOXのシーンで暗転しているのに、まだ中を片付けていた姿がとてもかわいかったです(^^♪ 礼さんのアデレイドもセクシーで女役に違和感はなく、紅さんはこれぞ二番手という感じの出番の多さ。 ハッピーなコメディで理屈抜きに楽しみました(∩´∀`)∩ おヒゲギャング軍団はかっこ良いしw また見たいと思っていたけど同盟オケコンに気を取られているうちに、大劇場公演は終わってしまったという・・・;そして版権の関係でDVD発売は未定とのこと(CDは発売)、なんと残念すぎる・・・。 なんとか発売頑張って欲しい・・・。


プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。