銀英伝「ユリアンのイゼルローン日記」リリースイベント話③

連日の暑さが体と頭にこたえます~。
子供の頃は好きな季節だったんですが、最近の暑さはもうそうは言っていられません。
家のまわりは緑が少ないし風が通らない所なので、ほとんど一日中クーラーをかけているんですが、
そうなると冷え症も気になるしで困ったもんだ・・・。
しかしクーラーかけないと動く気にならないという・・・💦

さて「イゼルローン日記」イベントレポ続きです。
・次は名言の中でも大人シリーズ。
「大人になるということは、尋ねていいことと悪いことをわきまえることだ」
「大人になるということは、やりたいこととやらなければいけないことの区別をつけること」
「大人になるということは酒量をわきまえることだ」←以上、名言はうろ覚えです
「いつかやりたい」は絶対やらないですよとお二人。
やらなければいけないことに追われていって、時間が過ぎてしまう。予定にくみこまないといけないと。
耳が痛い・・・💦休みの日でもやりたいことの予定がほとんどできていないあるある過ぎて・・・。

・佐々木さんに、OVAの時から時間を経過してからユリアンをやるのはどうでしたかという橋満さんの質問。
佐々木さん:この「イゼルローン日記」をやるという前提で、その前にゲームの収録でユリアンをやってたので、それほど戸惑いはなかった。
昔とは年を経て僕の演技の考え方も変わっている。演技を習ってなくデビューしたので。
今は訓練もしたので演技のアプローチが変わっている。
以前声帯炎になってから一からやり直した。
自分という素材自体が昔とは変わっている。
〇〇の声があって自分が似せるのはやらない。それはモノマネで(しかも質の悪いモノマネ)で演技ではない。
今の自分という素材でユリアンを演じる。
ユリアンの声は皆さんの中にあるものだと思います。個々に違うと思う。
(空中を指して)そのどこかにある「ユリアンの声」に近づけるつもりで演じている。昔のユリアンの声に近づけるつもりはない。

橋満さん:収録時見ていると、佐々木さんの姿勢が、ヤンの時が一番マイクから遠いですねw
佐々木さん:マイクが置いてあるので距離で調整する。(声の張り具合とか)
H:佐々木さんは自分でやり直しするほうですよね。
S:声優の仕事はスポーツと似ているところがある。タイミングがちょっとずれるとすべてずれてしまうので。

そして、「ダゴン星域」の話に。
・リンパオ役の方もOVAを受けて、ヤン風のイントネーションで「帝国」と言っている。
OVAの富山ヤンが言ってたから、それはリンパオの時代のほうが先だから、その頃からそう言っているだろうという設定でそうなったんですね。OVAに敬意を払っていただいている。
今の30~40歳の声優さんも銀英大好きの方が多いですから。

ここで佐々木さん、「さっき名言のセリフを言ってましたが、僕は「ヤン提督」を名言に入れたい」という趣旨のことを・・・。
 何回言ったかわからないくらいだけど、すごく好きなセリフです。
ユリアンが言う「ヤン提督」には、言う時に肉体的な快感がある。
夏の暑い時にのどがカラカラに乾いていて、ビールをプシュッと開けて飲む時ののど越しの快感みたいな。
飲むのはのどに入っていくんだけど、それとは逆でのどから出ていく時で、逆方向だけど。
すごく誇らしい、名セリフではないけれど、楽しくて幸せなセリフです。

本日の名言ナンバー1!! 佐々木さんのユリアン愛・・・いやヤンへの愛? とにかく役への愛がすごい~~~!!と震えました!

それにしても、お互いずっとしゃべってますね。収録の時も、このイベントでもラジオでも新幹線の中でも
ずっとしゃべってて合計何時間だ?と数えるお二人w

ヤンのお酒、勤務時間に飲んでいいの? いや飲んでいい酒量なんですよきっととか、
最後にまた大阪のご飯の話になり、たぬきうどんは東西で違うんですねという話やマクドの言い方の話に。
佐々木さんにニューヨーク育ちの友人がいるけど、ニュヨークっ子と日本人の中で一番合うのは大阪人だとその友人が言っていたそう。現実的で合理的、物をはっきり言う点が合う等々。
延々と話は続きそうでしたが、遂にトーク時間の新記録が達成されお開きになりましたw

この「日記」がオリコンの順位に入ったそうで、めでたい~!
この圧倒的な製作のこだわりと銀英伝愛、ぜび報われて欲しいです!


 

スポンサーサイト

銀英伝「ユリアンのイゼルローン日記」リリースイベント話②

キクボンのリリースイベントのレポ続きです。

トークイベントの半ばで数々の製作こだわりの話に。
・このCDBOXのヤンの顔、どの時の顔かわかる人?と会場に向かって聞くと→「エル・ファシルの時の顔」と答える男性ファン。(ほぼ即答なのがすごい)
ヤンの顔から下の絵は描きおろしだそう。
絵柄はOVAの画像を使用しているが、キャプチャーしてきれいに修正している。
裏ジャケットのシーンはセル画が残っていなかったので、復活させた絵とのこと。
ユリアンから見たイゼルローン一党の景色ですねと佐々木さん。
また、中の絵はフィルムをスキャンした。
円盤の絵は十三艦隊のエンブレムが入っていますが、(文字の何番目かが)小文字のものしかなかった。確認したら大文字が正式なので描いてもらった。
そして、ジャケットの紙を取り出してもらえばわかるのですが、この紙の裏にも絵がある!!
気づいてない人が多いかも知れないけど(笑)

通常ケースのジャケット紙の裏って白いですよね・・・? あまりのこだわりにのけぞりましたw

橋満さんは「銀英伝と田中先生の冠があるので、半端なものは作れない」ときっぱり。
(この気概を舞台版でも持ってやって欲しかった・・・ごにょごにょ)

・佐々木さんは「CD5巻の裏の絵が好きなんですよ」と。
まわりにイゼルローン一党の連中がわいわいしている中、ユリアンがリンツに絵を描いてもらっているもの。
自分の収録当初を思いだしますとのこと。
よく収録当時のこぼれ話をと聞かれるけどあまりないんですよね。 仕事をしているから粛々と進めているので、あまりこぼれないんですよね~。(佐々木さん)
昔は今と違って映画みたいに部屋の中は暗くして収録していたのでよけいに静かな雰囲気で。
先輩の演技を聞くのが楽しみだった。

また橋満さんはさらに購入のお礼に配信特典を考えているのでキーワードを入れています!
順次配信のほうで公開したいと思っていますとのこと。

そして銀英の名言を選ぶコーナーに。
まずアッテンボローの「それがどうした!」
日常では使えないですね、話が終わってしまうという佐々木さん。
次は「口の悪い奴は信用するが、口のうまい奴は信用しない」(ポプラン)
イゼルローンの人間の中でポプランが一番ユリアンに近くて一番一緒にいて楽と思う。
他の人はわりとユリアンに教えるという感じだけど、ポプランは同じ位置にいる感じ。
キルヒアイスはどユリアンと対照的なキャラクターだと思う。敵の位置にいるけどイゼルローン一党と同じように憧れの対象でもある。
捕虜交換式で会った時にユリアンはキルヒアイスに「ぽ~」っとなっていたけれど。
その後ユリアンがカイザーと会談した時、ラインハルトとは対等に語っていて、ユリアンは成長したなあと思いました。(佐々木さん)
あの最後の会談の場面を見ると、銀英伝は人間が主題だと思います。戦争ではなく。
さっきまで戦争していた同士だけど、価値観が違っていてもわかりあえるんだなと(橋満さん)

また次回に続きます~。

ファイル_000 (4) 





銀英伝「ユリアンのイゼルローン日記」リリースイベント話①

宙組の退団発表とか組替え発表でざわつく中(ああ~~アムネリス様~~~( ;∀;)、

キクボンの「ユリアンのイゼルローン日記」リリース記念・佐々木望さんトークイベントに行ってきました。
まだアニメ化されていないイゼルローン日記を朗読で完全CD化したものです。

そして未アニメ化部分だけでなく、すでにアニメ化されていても別絵柄(道原版)で声も別キャストの「黄金の翼」を、OVAの声優さんでCD化したり随所にこだわりが感じられるもの。

トークイベントでも製作側の熱意、佐々木さんとキクボン製作者の橋満さんの圧倒的な銀英伝愛!!

とこだわりに感動しっぱなしでした。


場所はグランフロント大阪・HMVでしたが、某CD店とは違い常設ステージなどはない店内だったので、席前方は青いシートが敷かれて整理番号順に座っていく様式。

しかし私は狭い中で地べたに座るのが腰に辛い腰痛持ちの老兵(;´・ω・)

なので立っておりましたが、ゆうに二時間越えの立ちっぱはさすがに足に来ました・・・💦

(立ってる人も多かったので、途中お二人も気を使われて何度もお座りくださいとアナウンスされてましたが)

通常トークイベントって20分くらいだそうですが、これまでの東京では90分、さらに名古屋では二時間話したそう。

大阪がイベント行脚最終日なため新記録をということだったんでしょうか?w

以下取っていたメモをまとめてみようと思いますが、

なにせ2時間17分ぶんなのでけっこうな量に・・・。



・さて前日に「青春ラジメディア」というラジオ番組に出たが、それは出演二回目で、前回に出たのはまだ20世紀の頃、1989年だったそう。

それも前の週に富山敬さんからバトンを渡された。

ラジメディアのスタッフの方もほとんどが銀英伝ファンで、いきなりマシュンゴのコスプレをしている人がいたw

お礼に「イゼ日記」セットを2セットくらい送ろうと思ったら、みんなが自分も欲しいと言い出してちょっと困ったりw


佐々木さんは広島出身なので、広島人らしくお好み焼きのこだわりトークが20分くらいありましたw

「大阪の人は麺が入っているのが広島のお好み焼きと思っているそうですが、あれはオプションなんです!」

私黄そばが入ってるのがデフォと思ってました。すみません佐々木さん😅

あと広島でタクシーに乗って「広島風お好みを食べたい」と言ったら山に連れていかれててっぺんで降ろされるとか、広島ー巨人戦をやってるときに運転手さんに巨人ファンと言ったら山の中腹で降ろされるとか。つまりお好み焼き愛>カープ愛と言うことなのか?w


さて20分経過したくらいでようやくキクボンの話にw

・佐々木さんは最初「イゼルローン日記」は小説が出ていることは知っていたが、アニメ化がまだなのは知らなかった。

でこの朗読の企画(最初は配信のみの予定)が出て、一年くらいかけて一人で全部読みました。

ここで橋満さんが佐々木さんに「鈴置洋孝さんに声が似ているなと思った」と。

「それ前も言われたけど似てますか?」と佐々木さん。

一人で朗読するので、他のキャラのセリフも佐々木さんが言うわけですが、イワン・コーネフのセリフの時に特に似ていると思ったと橋満さん。

どのキャラのセリフでも元の声の真似はしていない、逆に失礼な話なのでと佐々木さん。


コーネフ、ムライ、ヤンの声も真似しなかった。「ユリアンの日記」なのでユリアンのフィルターを通しているということで、元の声優さんの演技は気にせずに演じたそう。


声を思い浮かべたと言うより、ヤンのセリフを言う時は、昔OVAの時富山さんとよく二人きりで収録したので、その時の風景が浮かんだそう。


昔の収録の話になり、

・今はNGを出してもセリフをひとつだけ切り張りができるが、当時はその場面全体が録り直しになる。なのでその場面に関わっている声優さんがまたやり直さないといけない。けれどみな声優さんはわかっているので、後ろでチッとか言う人は基本少ない。

「あ~、少ないんですね(笑)話ではたまに聞きますけど~」

怒ったりとか普通ありえないですよwと否定する佐々木さん。


キクボン特典の話。

・このトークライブで話したりするだけでなく、声優さんのこぼれ話やOVA製作秘話を文字でも残しておきたくブックレットをつけたくて、100ページになった。「100ページって分厚いですよね! 本でも読むのに時間かかりますよ!」と佐々木さん。

「あと6枚特典がついています(笑)」と橋満さん。

外伝の「黄金の翼」と「ダゴン星域会戦記」(これも未アニメ化)を特典でCD化したが、これでナレーターの屋良さんが全部銀英伝を読んだことになると。

「黄金の翼」は広中さんが朗読しているが、アニメは声が違うキャストなので、広中さんがやったらどうなるかと思ってしまった。

佐々木さんのファンクラブのイベントでユリアンの日記がCDになったらいいなと言ったら、拍手が起きたので、やらなければ~と思ったそう。

値段を聞かれてその時19800円と言ってしまった。「安い~!」と言ってもらったw

ダゴン~と黄金の翼のギャラはその時予算に入ってなかったんですよね(笑)と橋満さん。


このへんで半分くらいw次に続きます。




ファイル_001 

ブルーメの丘オクトーバーフェスト体験記②

堀川りょうさんと潘恵子さんのトークライブ続きです。

・難しいセリフはありましたか?
堀川さん:セリフはだいたい言いにくかったです。難しい漢字が多くて言いにくかったけど読むのはだいたい読んでましたが、ひとつ読めないのがあって、為に体って書いてなんと読むと思います? 為体(ていたらく)って読めなかった。その頃スマホとかなかったからね~。最終的に漢和辞典を引きましたw
潘さん:アンネローゼがラインハルトに言う、「アウフヴィダーゼーン(また会う日まで)」を「アウビダーゼン」と思っていました。私のは難しいのはあまりなかったと思います。男性陣は大変だけど。

収録時の苦労話で、
色つきの絵がほとんどなかった。線画のみだった。
中盤からは録る時にそろうのは2、3人で、バラバラに録っていた。全員そろったのは最初の頃だけ。そのため終わってから一緒に飲みにいくとかあまりできなかったです、と。

お酒を呑むかの話になって、
潘さん:私は飲みませんよ!子供が育つまでは飲まないつもりだったから。
赤い彗星の人に飲みに誘われて、夕方の5時頃から、次の朝の6時になるまで、15時間くらい一緒に飲んだ時も、カンパリ1杯だけでつきあったんですよ!(笑)でも今は飲みます。ドンペリとか(笑)

「堀川さんは飲みますよね~」と司会のマダムに言われ、「飲みますが強くないですよ」と否定するも、マダムに海鷲で飲まれたとき8杯くらい飲んでましたよねと言われてましたw

・最近の仕事は何でしょうかという質問。
堀川さん:「11月にミュージカルの仕事がある」
潘さん:「洋画の仕事で、すごく怖いやつ・・・あの羊たちのなんとかのやつで・・・」
おおっハンニバルに出るんですね?!
「ハンニバルの最後のほう何本かの仕事をやりました。リハーサルが怖くて嫌でね~」
と怖いを連発。確かにハンニバル、怖いですよね。私も見るの怖いんですが、やる人も怖いんだ~と親近感がわきましたw
あと「20代の役が来て、最初娘に来た話かと思ったら私だったんですが、(見た目は若いけど)何万年も生きてる役だった(笑)」と。
堀川さん「声の役ってそうなんですよね。いまだに高校生の役させてもらったり、きわめつけは動物とか・・・声の世界は特殊で」

話している間にテーブルの上のグラスにワインをつぎに来るスタッフさん。
「お酒いいんですか?」と聞く堀川さんにマダム「海鷲のイベントでは基本的にお酒を飲んでいただきます」
堀川さん「WさんやMさん(双璧)の武勇伝は聞いておりますww僕は現場を見たことはないけど。Mさんは一緒に飲んだ時も紳士な姿しか見ていません」
潘さん「そういえばこの前Wさんに会ったの~」と。
「若本さんまだサザエさんやってんの?!って言っちゃった」←それまでイニシャルで話していたのに若本さんと言ってしまったww
Mさんのヒントは「朝が早い番組の人」でしたw
赤い彗星の人も銀英に出ていたという話になり、
潘さん:「ケスラーの役の人、反対側(同盟)と思ってた! 一緒の場面ありました?」
「柊館炎上事件」であったと思いますと説明され、
潘さん「私(ララァの時)が助けてあげたから、助けてくれたのねw」

恒例のセリフを言ってくれるというコーナーで、司会のマダムが用意していた3つのセリフは、
堀川さん:「行こうかキルヒアイス。おれとお前の宇宙を手に入れるために」
「ビッテンフェルトの言やよし!!」
「夢を見ていました、姉上・・・。誰も見たことのない夢を、充分すぎるほど」←泣けた・・・

潘さん:「私はアンネローゼ。弟と仲良くしてやってね」
「アウフヴィダーゼーン、ラインハルト」
「疲れたら私のところへいらっしゃい。でもまだあなたはまだ疲れてはいけません」
通常は銀英じゃんけんとかやってひとつ選ぶんですが、もう3つともやってもらいましょう! となりお二人共3つ言ってくれました。
そして「夢を見ていました」の堀川さんのセリフに続けて潘さんが「アウフヴィダーゼーン、ラインハルト・・・」と続けるという特別サービス!
もうかなり昔なのでエピソード等は忘れているを連発していらしたのですが、一瞬で役の声に変わったのはさすが!!
最初のセリフの時のアンネローゼの年齢を確認して、若い声にした潘さん、すごい~!!! 感心するしかない💦
最初10歳くらいの時かな? と言っていたのですが、客席とマダムにキルヒアイスが10歳だからアンネローぜは15歳くらいと教えられて、「そうね~、15でお嫁に行ったのよね」と言ったので
「15で!? 江戸時代みたいですね!?」と驚く堀川さん。
ラインハルトの誕生日を聞いて「決まってるの?!」と再び驚くw「じゃあ、キルヒアイスも?」「決まってますよ~」との客席からの返事に感心しきり。
「魚座の人は小柄なのよ」と言う潘さん。「キルヒアイスは大きいですよ」と訂正するマダム。
各キャラのパネルが壇上にせいぞろいしていたのですが、パネルの身長はだいたい等身大になるようにしたそうです。さすがですwww

ファイル_000 (6) 
ミッターマイヤーのパネルを見て「あの人小さい!」という直球な潘さんww
確かに他の人のパネルに比べて小さいとは見た時思いました・・・(^∇^)

潘さん:最終回でアンネローゼがラインハルトの子供を抱いていたのを覚えている。その時、きっとこの子の世代のアニメがまたできるんだろうなと思ってたけど、できませんね~と残念そう。(←原作者は10巻以降の世界は書かないと宣言してますから・・・💦)

堀川さん:独立した時いろいろと苦しい思いをしていて、その時パソコンで全話見ました。がんばる勇気をもらった作品。その時まで全部見たことなかったんです。もう一回心を奮い立たせるものがある作品です。
僕らの役は上が選ぶんです。作品との出会いは不思議です。30年も続くなんて当初は誰も思っていない。ほんとにラッキーだったと思う。
今はアニメは1クールで終わるってなっちゃってるから・・・と。
潘さん:ふだん新幹線にもほとんど乗らないくらい外に出ないけれど、おかげで滋賀にも来れて良かったですといったようなことをおっしゃってました。
(ところで堀川さんが「ラインハルトが自分の子供に能力がなかったら、取ってかわってもいいって言ってたよね? すごいよね!」と言ってらしたのですが、それは三国志の劉備が諸葛孔明に言ったセリフでは・・・)
それにしても潘さんのお話する姿がかわいらしいこと。そりゃシャアもフリードリヒ皇帝もキルヒアイスも惚れますわ!!
お二人の華やかなオーラとトークの楽しさを見てあらためて「タレント(才能)」さんなんだな~と思いました。当たり前なんですが・・・(←今と違って声優さんがあまり表に出なかった世代の感想)
そしてプロージットをもう一回やって大盛り上がりでトークライブは終わり。
会場でお話していただいたフォロワー様ありがとうございました<m(__)m>

ファイル_000 (1) 

教室とトークライブに行っていたら、時間があまりなくて銀英ウォークラリーとかモーションとかコラボフードとかほとんど食べられなかったのが心残り💦
ドイツ風の建物もかわいいし、ビールもソーセージもおいしかった~(^^♪
ああもっと近ければ・・・通いたい~ビールを飲みにw

ファイル_000 (8) 









ブルーメの丘オクトーバーフェスト体験記①

ツイッターでさんざん叫んでましたが、三連休の中日、滋賀で行われているブルーメの丘と銀英伝のコラボイベントに行ってまいりました。
ダンナに頼んでブルーメの丘まで車を出してもらったのですが、三連休の中の日曜日だったので、道はけっこうな渋滞・・・;結局三時間近くのドライブに(休憩のんびりしたせいもあるけど)・・・;

前もって体験教室に申し込んでいたので、銀英イベント専用の窓口で料金を払い入場。
黄金獅子旗が各所にかかっていたり、入口からOVAのあのOPやEDなどのBGMが流れていて思わずニヤニヤしてしまいます。

ファイル_000 (3) 

ファイル_000 (1) 

着いたのが昼前だったので教室まで時間の余裕がなく、オクトーバーフェストの飲み放題になる銀英グラスを急いで買い、お昼をすませ、
「ビッテンフェルトの特大ソーセージ教室」でソーセージ作り体験w

ファイル_000 (1) - コピー

入口ではビッテンフェルトのパネルがお出迎えしてくれました。

ファイル_000 (2) - コピー 
そして隣にはキルヒアイスも。

ファイル_007 
前にはミュラーとミッターマイヤーのパネルもあり。

ファイル_001 - コピー 

テーブルの上には製作グッズ一式が置かれています。なかなかの人数で銀英Tシャツを着た人達で席が埋まってましたw

ファイル_003 

配られたミンチ肉にスパイスを一袋入れて、粘りが出るまでこねて・・・。

ファイル_004 

ミンチを器具につめて白い豚の腸を先端部にセットしてカチカチやったら、中の肉が出てくるので詰めます。詰めたら腸の先を結び真ん中にひねりを入れて4本分のソーセージに。
きつく詰めすぎて腸が破れないか冷や冷や・・・💦
詰め切れなかった肉はかたまりにして網に入れました。
袋ごと茹でて完成です。
茹でるのはスタッフさんがやってくれました。

ファイル_008 

茹で時間のあいだ休憩になり、戻ってきたらソーセージが無事完成!!
保冷剤と保冷パックも用意してあって、夕方まで教室で預かってくれるサービスがあって安心しました。その日は涼しかったとはいえ、持ち歩きするのかと思って心配だったんですよね・・・💦

教室のあとは園内をぐるっと一周して馬や羊やコスモス畑を見たり、園内放送の三提督のボイスを聞いたり

ファイル_000 (4) 

大きなリクガメを見たり

黒ビールを飲みつつソーセージを食べ(←これが楽しみで~♪)

ファイル_000 (5) 

そしていよいよメインイベントの堀川りょうさんと潘恵子さんのトークライブ会場へ!
整理番号付きのチケットで座席は入場順だったのですが、行ったらとっくに開場していて、いったいいつが開場時間だったのか謎・・・(^-^; 
とりあえず席を確保すると食事が出されました。軽食付きと書いてあったけどこのボリュームとは思わなかったのでびっくり!
これならさっきのソーセージ食べなかったわ・・・;

ファイル_001 

さて場内が暗くなり堀川さんと潘さんが黒い銀英長Tシャツを着て登場。司会は海鷲マダムです。
お食事楽しまれてますか?とあいさつのあとに
藩さん「パンもソーセージも手作りだけどお口に合うかしら?」
堀川さん「口のほうを合わせますよ」
とアンネローゼとラインハルトのセリフが。

そしてグラスを掲げてカイザー堀川さんの「プロージット(乾杯)!」に続き潘さんと全員で唱和(^^)/
お二人のお話、以下こんな感じでした。

・キルヒアイス(広中さん)も来たがっていましたが、夜中までナレーターの仕事で忙しいので無理でしたとのこと。
・堀川さんと藩さん会うのが久しぶりで、2年前にシカゴの飛行場でばったり会った。なぜか日本で会わずに外国で会うw
堀川さん:銀英の収録は最初のうちは順録りだったけど、後半からは声優さんたちのスケジュールを合わせるのが大変になって、別録りになり話数も飛ぶので、僕らは話がわからないんですよ。会場の皆さんのほうが詳しいw
潘さん「私最初からいましたっけ?」
司会の海鷲マダムが映画の「新たなる戦いの序曲」からアンネローゼがいましたから、最初のほうからですねと補足。
潘さんは最初の頃は独身で、その後結婚して娘のめぐみさんがお腹のなかにいて。おなかが大きくて座っていてもしんどいのでソファに寝たりしていた。そのときに広中さんが通りがかって「潘さん大胆だな~」と言われたのを覚えている。
「その間いろいろあって離婚もしました!(笑)」

・「お二人はオーディションで役が決まったのですか?という質問に
堀川さん:オーディションです。オーディションの時広中さんいたかな?
僕は三国志とか好きで。帝国はとにかく言葉使いが難しくて、これは時代劇だなと思った。時代劇でやろうと思いました。
潘さん:オーディションではなかったと思う。人のために生きる女性の役がそのころ多かったから、それで(アンネローゼ役に)指名されたのかな?と。

書くのに疲れたので②に続きますw



プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる