東宝「エリザベート」感想 (ネタバレ激しいです)

あきらめていたんですが、某様のおかげで「エリザベート」東宝版を見ることができましたヽ(^o^)丿

城田優君のトート閣下のビジュアル・・・これはもう道原版ラインハルト様じゃないですか!!
と一部で勝手に盛り上がっていたのですがw 白い衣装も余計に金髪様っぽいよおおw

ファイル_000 (14) 
城田トート、ほんと美しかったですね~♥ 
実際に動いているところを見ると人外の役なので浮遊感があるのと、エリザをガシガシ口説いていく感じがラインハルトっぽくはなかったです(笑)
最後のキスも思いっきりチューしていたので、宝塚のキスに慣れている身には「ふおおっ」となりましたw
城田優君、かなり低音の歌声でさすが男性トート。
東宝版はエリザベートが主人公でトートは思ったより中心ではない感じで、出番だけでいうとルキーニのほうが多いんですね。ヅカよりさらに出ずっぱりな感じでびっくり。
エリザの中の人の舞台は初めて見たのですが正直みりおんエリザの後に見るのはきつかった・・・予想通りか💦 声がしゃがれた感じに聞こえるのは調子が悪かったのか、そういう声の出し方なのかしら・・・?
二幕目の老け演技の方が安定していた。
それにしても、ルキーニ役の成河君、評判通りの上手さ!! 見れて良かった!!

最後、黒服を舞台上で脱いで若返るエリザ、歌詞がそれぞれエリザは「わたしの~もの~」でトートは「おれのもの~」という歌詞だったので驚きました。これウィーン版に近いんですよね?
(エリザベート講座で最後だけ見せていただいたウィーン版)

宝塚版との違いがいろいろ初見の身には気になり、「死ねばいい」のセリフはないのかとか
「まだ私を愛しては~いない~」の場面も愛してもらいたいというよりも、城田トートは突き放している感じが強くて、エリザ可哀想。
死に救いを求めても冷たく突き放されてしまった。エリザをより絶望させたいのかな?
精神病院の場面もよりエリザの心理描写がされている感じ。何かとエリザの心情を歌う場面が多くなってますね。
古川「イケメン」ルドルフの場面も、ピストルで撃つ前にキス場面があるの~!
ルドルフの妄想のハンガリー皇帝の場面もエリザベートが出てこない分、マザコン度合も下がってましたね。
フランツ皇帝は踏んだり蹴ったりかわいそう。エリザに拒絶されたままなのは同じですが、ヅカ版と違って死んでも若返らせてもらえないw そのうえ親戚も次々と悲劇に見舞われるし。
ちょっとエリザは頑な過ぎないかとも思うのですが、浮気だけならまだしも性病までうつされたらそりゃ許せないか・・・。
宝塚版はトートとエリザベートの恋という感じでそれが最後に成就するのが救いだったんですが、こちらはあまり救いがない感じ💦
まあトートはエリザの愛を得て昇天したんだろうと思わせるけれど、こちらのトート閣下は黄泉の帝王のままで美しいコレクションを加えた・・・という風に見えました。
宝塚版ではわかりにくかったけど、なぜルキーニがエリザを殺したのかも描かれてましたね。エリザのファンかなと思うヅカ版ルキーニと違って、悪い所もきっちりと伝えるルキーニでした。
ラストは誰も良い結末を迎えない暗い話ではあるけど、美しい場面が数々あるしやはり大好きです。
自我が目覚めたエリザベートが歌う「私だけに」「私が踊る時」がとにかく好きで、勇気がもらえますw
当日券でまた見たいけど・・・ううっ~むずむずw


ファイル_005 


ファイル_000 (17)


スポンサーサイト

東宝版「1789」感想③

さて「1789」のねねちゃんオランプ回も見てきました。

ファイル_000 (9) 

やはり舞台に立っている年月は伊達ではないということか、歌が予想したよりもずっと良かった。
実のところ宝塚時代は娘役としてはセクシーな感じがするのがちょっと苦手だったのですが、外部の女優さんとして見ると問題ありません(←エラソーです)。
神田さん版が王家に仕える女性ということでキリッとした感じでしたが、ねねちゃんオランプはさらにコケティッシュな感じ。
今回は一番の良席だったので、舞台の迫力は一番感じた回でした。最初は二階席だったので通路降りが見づらかったので・・・。
友人がロベスピエールのイケメンぶりに感嘆していたのが印象的でしたww長い手足でダンスも映えますね。しかし私は革命三人衆の中ではダントンを推す(笑)子役(これがまたかわいい)と歌う場面が優しそうで好きですw
かなめさんの声も前回見たときよりずっと安定していました。前回はコンディション悪かったのかな? 公演中も進化されているのかと思います。あと男役でないかなめさんにこちらの目が慣れていないのが大きいかも💦

しかし、父を殺したペイロール伯を倒すためにパリに出てきたのに、そのペイロールにまたやられてしまうのがちょっと・・・;
「ロナンに代表される名もない民衆達の尊い犠牲のうえに人権宣言を勝ち取った!」のは感動的なのですが、その点がひっかかってしまうのでした。エンタメとしてはペイロール伯をなんとか懲らしめて欲しいものです。

トークショーで「男だったらやってみたい役」でかなめさんがペイロール伯(理由は今までいろいろやられる役が多かったからやる方がいいw)をあげていらっしゃいましたが、さぞお似合いでしょう~w

ファイル_000 (8) 





東宝版「1789」感想②

かなめさまマリー・アントワネットのヴァージョン、見てきました。
ロナンは小池徹平くん、オランプは神田沙也加さん版です。
やはり女性役のかなめさんに少々ショックを受けたため、今回鍵付き記事にしてしまいました・・・;公演中ですし。
なんといってもお歌が・・・💦大劇場での「王家に捧ぐ歌」のアムネリスを思い出してしまった💦
かなめ様を見てこんな気分になったのは悲しい💦
まあ宝塚時代から、歌で魅せるというより、演技派の方でした。しかしトップになってから歌も上手くなっておられたし比較的キーの低い曲なら問題ないのですが、女性役ならではの高音の曲には苦戦されているもよう。
それにしても宝塚の先輩で伝説の娘役と言われる方とダブルキャストというのはすごいプレッシャーであると思います。見る方も目を慣らさなければ・・・と思った次第。
それにしてもかなめさん、あのかつらでも驚異の頭の小ささは、すごいですw
豪華な衣装なので、余計にお人形が動いているみたい。
ロナン役の徹平君、舞台出演を初めて見たのですが、歌も演技も良かった~(^^)
 最初は粗野な農民らしさが前面に出ているけど、革命に目覚めてからは純粋さが感じられる好青年に変わっていくのが良い。
「1789」はちゃんとなぜ革命に至ったかという歴史的な流れも描いてくれるので好きです。
(某歌劇の超有名フランス革命ものでは・・・それがあまり伝わらず原作マンガの面白さを落とし過ぎだと思う💦)
ネッケルとルイ16世のやりとりを見ると、民衆の不満を軽視した王室側の判断ミスがあったんだなと思うので。それにしてもアルトワ伯は、兄をさんざんたきつけておいて、さっさと国外逃亡するんだなwやはり、目はしが効くのが弟属性を感じるw
媚薬や催眠術を繰り出して劇中ですっかりイロモノキャラですが、史実ではその後ちゃんと王位につくので、仕事はできる人なんですねww
さて、この次はねねちゃんオランプ版も見に行きます(^^♪

ファイル_000 (7) 





東宝版「1789」感想①

5月25日、梅田芸術劇場にミュージカル「1789」を見に行きました~。
宝塚版を去年見に行っていて面白かったのと、

マリー・アントワネットが鳳稀かなめさんと花總まりさんのWキャストですから!!


花總さんは私が初めて人に連れられて見に行った宝塚の舞台に、トップ娘役として出ていたのですが、「素晴らしかった」という印象が強烈に残ってます。

バウ公演の「晴れた日に永遠が見える」だったのですが、前世の記憶がよみがえるという役で、現代の時の普通の女の子のかわいらしさと、前世の女性の高貴な美しさの演じわけがすごくてですね・・・! 当時まったく予備知識なく見に行ってたのですが、花總さんの記憶がいまだに残っていて、「伝説の娘役」と言われているのも納得。


はい、久しぶりに見たお花様はさすがの演技と歌唱力で、最後の歌では泣きました・・・。

やはり花總さんはこの日千秋楽だったので気合も違っていたのでしょうか。

そして、スゴイと思ったのがソレーヌ役のソニンで、役のはまりっぷりと、歌唱力、声量に圧倒されました。


そしてアルトワ伯--宝塚でみやるりちゃんが妖艶に演じていたのでこちらはどうなるのかと期待だったのですが、なんだか戦隊者の悪役みたいな感じでw怪演。催眠術に宝塚版でもおなじみの(笑)媚薬にさらに浮遊マジックまであったのは(笑)

いったい何者なんだ王弟殿下wwと思ってしまいましたが、パンフを読んだら史実ではちゃんとその後王位についている人物なんですね。

トークショーが終演後あったのですが、神田沙也加さんと花總さんも「男性だったら演じてみたい役」と言っていたので、確かに演じて楽しそうな役ではあるw

秘密警察は宝塚版と同じお笑い担当。指人形で説明してキャストの人形使いになってたりw

それにしても、周囲はさすが花總さんファンばかりだったみたいで、花總さんが出るとオペラグラスが上がるw後ろの人は休憩時間に熱く語っていました。すっかり囲まれていましたw


さて次はかなめ様バージョンも見に行く予定です~。



ファイル_000 (5) ファイル_000 (6) 

映画「ライチ光クラブ」感想

「ライチ光クラブ」、これもまた舞台やマンガ版が有名とのことですが、映画が初見です。 なんと間宮祥太朗くんの舞台挨拶が大阪であると知り、突撃してまいりましたw 私が見たのは映画より先に舞台挨拶がある二回目の回です。 挨拶はみんなから質問を募り、それに間宮君が答える形式で、時間は20分くらい。 「好きなセリフは何ですか?」にまず「『きゃはっ』ですね」と答える間宮君。 ジャイボと言えばまずこれだからということ。このセリフはどう言うのか他の出演者にもからかわれたらしいw もうひとつは「い~けないんだ」ですとのこと。 マンガのキャラクターではなく生身の人間にしないといけないので、普通の人が「あの~」とか口癖で言うように、ジャイボの口癖という感じにしようとしたとのこと。 「演じるうえで気をつけたことは?」との質問で「根底にゼラへの愛があるのでそれを感じられるように」ということでした。いつもの演技とは声のトーンを変えて演じましたとのことでした。 質問者の関西弁が聞けるのっていいですねという話から、「昨日飲みに行ったんですけど、そこで女の子が『ブラをせるのとおっぱい見せるのどっちかだったらおっぱい見せるわ!』って叫んでたんですけど、あれはどういう状況だったんですかね? ずっと考えてるけどわからないんですよね」と言って笑いを誘っておられましたw いや~、ツイッターなどで時々言う間宮君の下ネタ・・・まではいかないけど、ちょっとエロ系なネタ? 若い男の子らしくて好きですわ。 さて映画ですが、私はグロ描写が大の大の苦手なので、場面が予測できたら目をつむることで対応しました。 もともとは舞台からのものというので、舞台であればグロ部分は薄められて見やすかったかもしれない・・・。 子供の頃の他愛ない秘密基地ごっこ遊びが、思春期になった少年達がゼラというカリスマ性にあふれたリーダーを戴いてどんどん暴走していく。 中二病的妄想の暴走の果ての顛末という感じ。 美少女とロボットのライチの交情が救い。血みどろの場面が多い話なので、とにかく少女役の中条あやみちゃんの美しさが清涼剤でした。 お目当ての間宮ジャイボの妖しい美しさ。ゼラとの絡みの場面はエロいの一言w アップの時のまつげの長さにびっくり(*´ω`*) 後半の攻めに転じる場面の間宮ジャイボにゾクゾクw そしてゼラ役の古川君が美しかった!眼鏡外してくれありがとうw 舞台挨拶でも「ジャイボ以外に演じてみたい役は?」の質問に「ゼラ」と答えていた間宮君。非道だけどカリスマ性あふれる役はさぞ似合うでしょう。 ゼラを演じる間宮君も見たいと強く思いましたね!!
プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる