みりおん退団(T_T)

下書きのままついつい長らく置いてしまいましたが・・・宙組「王妃の館」の東宝千秋楽ライブビューイング、行ってまいりました。
相変わらずのチケット手数料に文句を言いつつ。
TOHO映画館ではチケットのもぎりもなく、ノーチェックだったんですが、大丈夫なんですかいと思いながら入場。
まあ一日だけだしチケット悪用もしづらいかな・・・?💦

王妃の館はますます完成度があがり、宙組生めんめんのアドリブも炸裂!!
ずんちゃん戸川君の寝癖とか、これでもかとw
秘書戸川の「細雪国」の時に本当にせーこさんが本を出したのには驚きましたw
あとエクソシスト右京さんの動きとか、ルイ真風さんとのハートマークのやりとりとか、時間も長くなってましたねww
一番会場がどよめいたのはまあ右京さんのセリフの「なぜそれを早く言わない!」をみりおんが横取りした時でしたわw
ラストにまあ様がみりおんの肩を抱いて去っていくアドリブは良かったですね~。
みりおんの退団へのはなむけが随所に感じられました。
熱がこもって完成度のあがった演技に東宝の公演をDVDに残したほうがいいのではと思ってしまったり。
昔洋楽アーチストの来日公演でも、地方での公演よりもメディアが集中している東京での公演が熱が入るという話を聞いて、地方住みの悲哀を感じていたんですが、ヅカ観劇でもそれを感じることになるとは・・・(^-^;
ライブビューイングで東宝の千秋楽が気楽に見れるようになったのはありがたいですが、映画館の音響がもっとよくならないかなと思います。

ショーのほうでもまあみりのデュエットダンス美しかった~。
これが最後と思うと泣けましたよ・・・(:_;)
サヨナラショーで「蒼氷色の瞳」が聞けて嬉しい銀英ファンw(まあトップ就任公演でしたが)
ディナーショーでは聞けなかったので・・・。
考えてみればヅカ銀で一番好きな歌がこのナンバーですよ。
ヅカ銀観劇してかなめハルトの美貌にもやられましたが、みりおんの歌の上手さにもやられて、宙組に一気に落ちたんですよね・・・。
可愛いけど媚びてる感じはないし、退団の挨拶の「前だけを向いて歩いてきました」という言葉、その通りなんだろうと思います。
娘役道をきわめようとするストイックさというか。
みりおんがヒルダを演じてくれて良かったなあとしみじみ・・・。

最初に退団を聞いた時は朝夏さんと同時退団ではないんだと、ちょっと寂しかったのですが、同時退団だとみりおんのサヨナラショーは観れなかったのですよね。
まあ様が素晴らしい娘役であるみりおんが自分の陰に隠れないようにと気遣ったのではないかというのを読んで、
この対等な関係も現代的という感じで良いなあと。

次の宙組公演ではみりおんロスに悩みそう・・・💦



ファイル_000 (1) 


スポンサーサイト

星組「スカーレット・ピンパーネル」感想

やっとこさ観に行きました大劇場の「スカーレット・ピンパーネル」。




タカラヅカスカイステージで録画していたのは流し見をしていましたが、やはり流し見ではストーリーがほとんど頭に入っていなかった💦
でもコメディ要素が多くて話が重くないので、肩がこらずに観られるのがいいですね!
紅ゆずる(さゆみ)さんのトップ就任公演だからか、開演のアナウンスから拍手があった公演は初めて。
それだけ待たれていたということか・・・。
(私は前任者の方も好きです)

ピンパーネルの明るいキャラクターはさゆみさんのキャラにぴったりw
トップ就任公演として妥当な判断だと思います。
楽しみだったショーブランに舞踏会に着ていく服を勧めるアドリブ場面は、見に行った日がエイプリルフールだったのでエイプリルフールネタw
一緒に見に行ったヅカ友は「前回よりもアドリブが増えていた」と言っていたww

懸念のお歌はまずまずかなと思いました。さゆみさんかなり歌がうまくなっている~!
しかし娘1のほうは歌唱場面が続くとちょっとしんどくなってくる感じが💦
「コメディ・フランセーズ」の場面は荷の重さが感じられました。
この場面を歌ウマさんが歌ってくれていたらもっと感動しただろうに・・・残念💦

歌という点ではショーヴラン役の礼真琴くん、良かったですね~!!
今回の歌部門賞は文句なく礼くん! 悪役の演技も最高~!

そしてロベスピエール役七海ひろき(かいちゃん)!!
こんなに美しいロベスピエールがかつていただろうか?!(知らんけど)
まさに美し過ぎるロベスピエールとは、かいちゃんのことwww
なんだかどんどん美しくなってませんか!? 
ショーの時もロベスの髪型のままで踊っていたのですが、色白のメイクのせいか?ひときわ目立っていましたw
今回のビジュアル賞は文句なくかいちゃんです!!







終演後劇場のかいちゃんロべスの写真を撮りまくる私に友人が「ほんとに美形が好きだね~」と一言。「鳳稀かなめさんにはまった時から美形好きだとは思ってたけど」
そう・・・だから銀英ではラインハルトが好きだし美形揃いのヅカにはまったのね・・・(^-^;


実咲凜音ミュージックサロンの話

友達の「歌うまさんのディナーショーには行っておくべき!」の言葉に従って、行って来ました。3月22日みりおん(実咲凛音さん)のディナーショーに!!
ゲストは桜木みなと君(ずんちゃん)に和希そら君でこれまた歌うまさんだし。



 







 



コース料理はこんな感じ。 

普通においしかったですが、大食いの私(と友人)にはちょうど良い量というか、ありていに言うと腹八分目な感じでしたw 

「パンお代わりしたいね~」などと言っていると、それどころではない事態が進行中でしたw

 宙組の組子さんたちが続々と入ってきてテーブルについて食事を始めるではありませんか!! 


ざっとお顔が見えたところだと、星風まどかちゃん、蒼羽りくくん、澄輝さやとさん、寿組長さん、愛月ひかるさん、風間翔君。
別テーブルにも怜美うららちゃん、恐らくりんきらさん等々……。 


皆さん食事の時も背筋がまっすぐに伸びて見習わなきゃな~とw
というか、普通に食事の時から居られるとは~! 

私の席からはまどかちゃんのお顔がよく見えたんですがかわいかったですね~! 

そしてさっそうと会場に入ってきた、ひときわ目をひく長身の黒髪ロングに黒いスーツの女性。

よく見ると悠未ひろさんでした!!

ヅカオベ様! オベ様!

 宙組生の公演などによく来られるそうだけど、いい人や……みりおんとは一年くらい一緒だったんですよね。長身だけど、とても細身なので全然ごつい感じはなく(失礼か)ゴージャスな美女。

お席で周囲とノリよく笑顔で話しておられるのが印象的でした。




 

デザートが「スカーレット・ピンパーネル」にちなんでいる? 歌も歌っていたし




そのうちに植田景子先生をはじめ演出家の方々も続々と入ってくるし、星吹彩翔さん(もんち)のお顔も見えましたし、そして!!開始直前に入ってきた二人組は朝夏まなと様と真風涼帆さん!!

まあ様はマスク姿でしたが。

私の席が後ろのほうでがっかりしていたけど、こんなごほうびがあろうとは・・・。



私の席がちょうどショーで出入りする通り道にあたり、みりおんやずんちゃん、そら君がそれぞれ近くで歌ってくれる場面がありまして、もう感動でしたw
それにしてもみりおん、本当に無駄な肉がない・・・白いお背中・・・。
ほくろの一つも発見できなかったのですがwメイクで消していらっしゃるのか?


まあ様達のほうもあまり見てはいけないのかと思っていましたが、三人のアオリにノリノリのまあ様と真風さん 。いい人や~(^^♪

ショーもとても楽しくてレ・ミゼの「ON MY OWN」は圧巻でした、涙が思わず……。
この歌声がもう大劇場では聞けないのかと思うと💦
今後の進路はミュージカル方面なんですかね?




最近男ぶりが上がったずんちゃん(この文章おかしいな) との、「月が満ちるころ」も良かった~(;O;)

アンコールの「清く~正しく~うつ~しく~♪」の歌がとても高いキーで、それを平気で歌いこなすのがすごいわ~。



合間の三人のゆる~いトーク も楽しかったですw お三方ともツッコミ役ではないせいかw
特にずんみりの仲の良さがうかがえるのがほのぼのしました。



アンコールでのカブキオペラ話で実際にオペラグラス付きの眼鏡をかけるのがかわいかったですわw











セットリストはこれ↓




 








宝塚ホテルのまあ様









宙組「王妃の館」感想

こちらで新年の挨拶しなくちゃ~と思っていたのにあっというまに早くも2月の半ばに……今年もマイペースで書いていくと思いますがよろしくお願いします<m(__)m>

さて観劇のほうもぼ~っとしていて「金色の砂漠」も「グランドホテル」も見逃してしまい💦


宙組の「王妃の館」が今年初観劇となりました。
 王妃の館は、以前浅田次郎先生の小説を読むのにはまっていた時期があって、「プリズンホテル」「壬生義士伝」ときてその流れで読んだはずですがほとんど内容を覚えておらず・・・💧いや、最後まで読んでなかったかも・・・💦(スミマセン)

「プリズンホテル」の印象が強烈だったのでその後にまたホテルが舞台か・・・と当時思ってしまったのでした💦


最初に聞いた時ははたしてみりおんの退団公演にふさわしい物になるのかと思っていたのですが、事前の予想よりも楽しめました! 良かった(ホッ)


癖のある人物がいろいろ登場する群像劇で、最初は笑わせ最後は泣かせるといういかにも浅田先生お得意の話という感じです。



人情溢れる展開はまさに吉本新喜劇を連想w

朝夏さんのトップらしからぬコメディぶり楽しいし、りくくんのオカマ演技が一番の見どころでしょうかw

真風さんのルイも美しいしw

まあ様の明るいキャラクターが生きるのでコメディも良いですね。

難をいえば話のキモのはずのルイ14世とディアナの再会場面の描写が物足りなかったこと。時間の制約もあるかな……?

ショーのほうも楽しかった!よさこい風味のソーラン節も予想以上にかっこよかったし、りく君の牛追い祭のダンスも見応えありました。

星組のショーでもあった中堅どころの韓流風?歌謡ショーもあったしw

あっきーが堂々としている感じが嬉しいですね。

うらら嬢のダイナマイトボディがセンターで拝めるラインダンスとか、楽しい。

みりおんとまあ様のデュエットダンスは泣けました……。

みりおんが退団してしまうのだと改めて思いました。一番好きな娘役さんなので残念です😥

ところで今回、通路側の席だったんですが、ソーラン節の時の客席降りで、あっきーとタッチが出来たんですよ!!

観劇歴苦節ン年?初めてジェンヌさんの客席降りで至近で拝めるという経験をしました(^o^)

(もんちさんとタッチできなかったのは無念だけど💦)

今まで通路側にうまいことなったことがなくw

いや~間近で見たジェンヌさんは顔は小さいのはもちろん細さや華奢さ、同じ人間とは思えないと改めて再確認しましたわw












宝塚バウホール「双頭の鷲」感想

「双頭の鷲」バウ公演を見に行ってきました。
エリザベート皇后の暗殺事件をヒントにしたジャン・コクトーの戯曲をもとにしたもの。
宝塚らしくわかりやすくするためか、ストーリーテラーが登場したり、舞台装置の半透明の壁の後ろに観客がいたり劇中劇の体裁です。
以下ネタバレしています~。



轟悠理事様の公演を見るのが初めてでとても楽しみだったのですが
期待通りのイケメンぶり! いや~ほんとにお美しい!!
イケメンといえばストーリーテラー役の和希そら君もマダム殺しな感じの(?)イケメンぶりでしたww
二幕始まりの通路からの登場の時に客席に「マダムのご趣味は何ですか?読書・・・私も読書が好きです」等々のアドリブとか・・・w
(見た回にちょうどカメラが入っていたので、スカステでの放映を待つ!)
そして愛月ひかるさんのフェーン伯爵!冷酷な警察長官が長身と黒の衣装があいまってめっちゃかっこいい~~!!
イケメン祭りじゃあ~!!
愛ちゃんの声がもっと冷たい声だったらもっと良かったのに・・・。彼女は基本かわいらしい声というか、愛嬌のある感じがするので。
舞台装置もきれいで開演前から白い幕がかかっていて、その幕をそら君が引いて始まります。
しかし私の席が横側の端だったので、最初の二人が倒れているのがちょうど愛ちゃんと隠れて見えなかったのはうらめしい💦
会話劇という感じで一幕目は王妃の閉ざされた心そのままに、舞台は白一色で、登場人物の衣装も無彩色だし息苦しさを感じるほど。
亡き王とともに晩餐をする場面は悪夢の中という感じでよかったですね~。
その後スタニスラスによって心を開かれたことによって一気に舞台に色がつくのも印象的でした。
しかし王妃を閉ざされた世界から出て王大后と戦う決意をさせた者が同時に王妃のかっこうのスキャンダルになってしまう。
キリスト教的倫理で自殺ができないので自分に死をもたらしてくれるアズラエル(死の天使)を待ち焦がれていた王妃にいったん生きる力を与えたのに、最後には死をもたらす皮肉が切ないです。
最後はロミオとジュリエットを連想しましたね・・・。わずか三日間の出来事というのもロミジュリっぽい(ロミジュリは5日間だったっけ・・・)
高貴さと気位の高さと王妃らしいカリスマ性を感じさせるみりおんの演技、さすがです。
王太后のスパイである侍女まで、スタニスラスに嫉妬するんだもんな~(ちょっと萌えたw)。
それにしても「エリザベート」では黄泉の帝王に愛された設定、「双頭の鷲」では運命の恋に落ちる王妃のモデルになるエリザベート皇后ってほんとに庶民に愛されたんですね~。
田中先生の作品でもあったけど、支配者層の美貌は人気の条件てか。

そして!衣装がとにかく素敵だったので劇団は早急に舞台写真を出してください~!!






プロフィール

えりん

Author:えりん
塚銀を観て出戻り、急速にオタク&腐女子化がすすみ二次までやらかしています。宝塚にもハマり宙組雪組を中心に見ていますが、永遠の観劇ビギナー。二次ネタは腐やNL等雑多ですのでご注意ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる